治療院ブログ

不妊★たまねぎを食べて妊娠しました

投稿日:

 

Nさん39歳から「着床しました」とご連絡をいただきました。

 

Nさんおめでとうございます!!

 

Nさんは、着床しにくい体質ということで、

 

2回の体外受精の後、今年の2月から当院に通っていただいていました。

 

一度の採卵で12個の卵子がとれ、卵子のグレードもBランク以上で、

 

特に卵子や卵管、内膜などに問題はなく、おそらく黄体機能不全によるものだということでした。

 

Nさんがおっしゃるには、

 

「鍼灸とたまねぎが効いたかもしれません」とのこと…。

 

当院に通われてからは、2度目の胚移植です。

 

鍼灸治療は、子宮の本来の機能を正常に戻す鍼灸と、自律神経を整える施術を、だいたい週に1回のペースで

 

受けにこられていました。

 

鍼灸以外にも、毎朝のウォーキング(ミトコンドリアを増やすため)と足浴(不妊治療を初めてからずっとされています)をしてから

 

お風呂に入り、寝る前にお灸をされていました。

 

これだけするのも大変だといつも感心していましたが…(しんどい時はしないそう)

 

そして、胚移植の後は「たまねぎ」を食べて、枕もとにたまねぎを切ったものを置いて寝ることを判定までされたそうです。

 

この「たまねぎ」の方法は、通っているクリニックの先生に勧められた方法だそうです。

 

不育症・着床障害ともに、アレルギー体質が原因の一つと考えられていて、

 

胎盤組織の血管が詰まるという原因もあり、これに対抗する食材が「たまねぎ」なんです。

 

血液もサラサラにする効果もあるので、子宮に十分な血液を送る効果も期待できます。

 

そして、たまねぎには、神経を安定させる揮発性の硫黄化合物が出るので、枕元において眠ると

 

精神を落ち着かせる効果もあります。

 

Nさんは、「前はパイナップルも試してみましたけど、今回はパイナップルをやめて『たまねぎ』を色々な方法で食べました」とのこと。

 

 

皆さんも、一度試してみてください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土祝10:30~19:00

定休日
木・日曜

*土曜・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP