治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】流産後の身体の養生

投稿日:

流産後の鍼灸治療はいつからできますか?

 

初期の稽留流産をしました。

これで2度目なので、体質を改善したいと思います。

搔爬手術をした後、そちらに通いたいと考えていますが、

鍼灸はいつからできますか?

 

というメールでのお問合せをいただきましたので、お答えします。

 

初期の流産は23週間もしくは1ヶ月後あたりに月経が再開します。

身体が回復するには、23ヶ月かかると思われますが、

次の妊娠に向けての身体作りをすることは可能です。

搔爬手術の方法によりますが、手術の直後は下腹部が痛んだり、出血も

みられます。その間は鍼灸治療も控えた方がよろしいかと思います。

子宮内に残存していたり、感染症になったりして出血が止まらない、痛みが続いている

熱がある場合は病院で処置をしていただき、鍼灸治療は控えていただいています。

 

わからない点がございましたら、お電話いただけると幸いです。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土祝10:30~19:00

定休日
木・日曜

*土曜・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP