治療院ブログ

不妊鍼灸・不育鍼灸☆彡太りすぎは不妊の原因に

投稿日:

【適正体重をキープして妊娠率をあげる】

 

太りすぎや、やせすぎは排卵障害をおこし原因になります。

 

肥満が進むと、ホルモンのバランスが悪くなり、排卵障害をおこしてしまうこともあります。

 

 

一般的にBMI値が29を超えると注意が必要で、30を超えると、妊娠に至るまでの期間が長くかかると言われています。

 

BMI値の出し方】

 

 BMI値はボディマス指数(ボティマスしすう)といい、体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です。

 

一般にBMI(Body Mass Index)と呼ばれる。カウプ指数(Kaup Index)とも呼ぶ。

 

BMI=体重(Kg/身長(m)²

 

例えば、

 

身長160㎝体重49キロの場合 49/(1.6×1.6)=19.14   BMIは19.14

 

18.5未満      痩せ形

18.5~25未満   標準

25以上       肥満

男性は22.2 女性は21.9のときに疾病率が最少となります。

標準体重の出し方は

 

身長m²に22を乗じる

 

また反対に、やせすぎにも注意が必要です。

BMI値が19未満の場合は、無月経や月経不順になることがあります。

太りすぎだからと、短期間に10㌔以上も減量する過激なダイエットは、ホルモンの分泌異常を引き起こし、無月経や無排卵の原因になります。

 

一度、このような状況になると、なかなか月経周期は回復しません。

 

 

明日は、効果的なダイエットをお伝えします。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土祝10:30~19:00

定休日
木・日曜

*土曜・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP