治療院ブログ

【不妊鍼灸・不育鍼灸】房事(SEX)過多による不妊

投稿日:

二人のお子様がいて、3人目を望まれていて、

 

なかなか授からないということで

 

不妊治療でお越しいただいている患者さまがいらっしゃいます。

 

 

年齢は、30代の後半です。

 

 

数回、通っていただいた時に

 

 

結婚以来、毎日SEXをされているというお話を

 

伺い、「不妊の原因は、房事過多によるものが大きな原因になっていますよ」

 

とお伝えしました。

 

房事過多は腎の精を不足させます。

 

腎の精が不足すると、発育の悪化や、性機能の障害、老化が早まる

 

とういう現象が起こってしまいます。

 

 

腎の精は「先天の精」と言います。

 

 

両親から受け継いだ「精」のことです。

 

どれくらい受け継いでいるのかは、個人差があり、

これは

補うことはできても、増やすことはできません。

ですが、

自分で作る「後天の精」は増やすことができます
・規則正しい生活

・バランスのとれた食生活、 ・ストレスの少ない生活

・適度な運動

・内臓を整えて、「気血水」のバランスを乱さない

ことで、精を増やすことができますが、

増やしても女性は

月経や妊娠などで

精を少しずつ失ってしまいます

 

男性も精液を失うことで「精」を失います

他にもちょこちょこ浪費で

「精」を失っています。

・睡眠不足

・過労

・夜更かし

・目の酷使

・ストレス

生活をしているとなかなか避けられませんが、

 

鍼灸や、生活スタイル・食生活を見直すことで

後天の精は鍼灸で補えます

ご心配な方はご相談くださいね

 

 

 

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土祝10:30~19:00

定休日
木・日曜

*土曜・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP