治療院ブログ

良導絡療法・良導絡鍼灸☆彡更年期からうつ病に★

投稿日:

更年期からうつ病に

 

Sさん(49歳)は、昨年11月から更年期の症状で2ヶ月ほど当院にお越し下さっていましたが、今年になって交通事故に遭われて、しばらく鍼灸を休んでおられました。

 

先日久しぶりにお越し下さって

 

「実は、交通事故にあって退院してから、更年期の症状もひどく、うつ病になってしまったんです」と話してくださいました。

 

薬で少しずつは良くなっていらっしゃるそうですが、今度は「足の回復とうつ病と更年期」の治療で通院を再開したいとの事です。

 

Sさんは、足を骨折され、自宅療養に入ってからも思うように動けず、どんどん更年期の症状

Sさんの場合は、不眠とイライラとのぼせ)

がひどくなり、家事をするのも動くのも億劫になり、病院に行くと「うつ病」と診断されたそうです。

 

更年期の症状が重くなると、うつ病の原因になることがあります。

 

早いうちに、鍼灸や漢方などで、乱れた女性ホルモンのバランスを整えていくことが大切です。

 

ホルモンを分泌する脳への血流(首こりがあると脳への血流が妨げられます)が悪くなると、ホルモンが産生されず、身体を巡りません。

 

また骨盤内の血液の流れを整えることで、女性ホルモンの分泌が増えます。

 

鍼灸は、更年期の症状を和らげることもできますし、予防することもできるので、お勧めです。

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土祝10:30~19:00

定休日
木・日曜

*土曜・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP