治療院ブログ

【不妊鍼灸・不育鍼灸】不妊症の鍼灸効果

投稿日:

不妊症でご来院いただく方は

 

何らかのストレスを抱えていらっしゃいます.

 

 

ストレスがない人の方が少ない、現代社会において

 

人は気・血の流れの変調があります。

 

東洋医学においては

 

腎・肝・脾が妊娠に影響すると言われています。

 

腎は

 

生殖するための精を貯蔵しています。

 

この精が不足すると、妊娠できないいろいろな症状となって出てきます。

 

どんなに年齢が若くても、生活環境や食生活で腎の力が

 

不足してくると、生殖能力が衰え、しだいに卵巣機能や

 

子宮機能が低下し、無排卵や無月経、子宮内膜が薄くなり

 

着床しにくいなどの症状が出てきます。

 

 

肝は

 

「肝は血を蔵す」と言われ、血を蓄えて血流を調整する働きをしています。

 

肝は怒りやイライラすることがあると、

 

精神の正常な働きができなくなり、肝経の血の流れや

 

骨盤内の血液の流れが悪くなることにより、

 

冷え症やお血が生じます。

 

 

このお血が進むと

 

頭痛、肩こり、PMS、めまい、足冷えとして現れます。

 

 

鍼灸を用いて、腎経や肝経のツボを刺激することにより、

 

自分が持っている自然の力を取戻し、

 

卵巣と子宮の機能が高まり、

 

妊娠しやすいカラダへと体質が変化していきます。

 

 

当院では、

 

医療機器を用いて、

 

どこの経絡に問題があるか測定することができます。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP