治療院ブログ

不妊鍼灸・不育鍼灸:梅雨の時期、湿気による不調

投稿日:

梅雨のこの季節は湿気が多くて不調を招きます。

 

このような梅雨の時期

「夜眠れない」

「何度も目が覚める」

「身体が疲れている」

「足がだるい」

「足がむくむ」

「腰が重だるい」

「膝が痛い」

「下痢気味」

「冷える」

 

という症状が良くあります。

 

湿気の多い時期(梅雨や台風、秋の長雨)に起こる不調は「湿邪」が一因と言われています。

 

この「湿」は、下に流れる性質があって身体の下部を犯しやすく、特に下肢やお臍から下に不調をきたします(余分な水分が上手く流れず、不調をおこしている)

 

そして、水分が身体にあると、その分身体は冷えてしまいます。

 

またそれだけではなく、身体全体の重だるさや頭痛やリウマチも「湿」が起因していることがあります。

 

「湿」による影響も大きいですが、体内からの影響もあります。

 

もともと湿をためやすい方や

冷たいもの

生もの

甘いもの

を沢山とる方にも起こりますので、なるべくこれらの物を摂取しないことが大切です。

 

さらに、湿気は汗腺をおおって、汗をでにくくすることがあります。よって身体の中心に熱がこもります。

(体表の汗がなかなかおさまらず、常にべとっとしています。)

軽い運動などで、熱を発散させ汗を流したりするのも有効です。

そして、汗をかいたらこまめにふき取ります。汗で濡れた衣服を着ていると寒邪が入ってきますので、汗対策を工夫してみてください。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP