治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】子宮を温めるには

投稿日:

子宮を温めるには

 

先日お越しいただいた方が、お腹にカイロによる低温やけどをつくっておられました。

 

「お腹が冷えているので温めようと思って」との事でしたが、カイロを使って温めるのは手軽にできる方法

なのでいいとは思いますが・・・・。本当はお灸で温めてほしいところです。

 

お灸はさておき、お腹を温めるイコール前側を温めると思っていらっしゃる方が多いのですが、

不妊の方は子宮が冷えています。

 

女性の子宮は、膀胱の後にありますので、下腹部の前を温めるよりは、後ろを温めるほうが効率的です。

 

不妊の方は、黄体期の体温が上がらず、着床して高温期が続くようにと考えられるのですが、

黄体ホルモンの作用が上手く行かない方は、高温期が維持できず妊娠に至らないケースがあります。

 

身体を温める方法のひとつに、その内臓を通る動脈血を温める方法があります。

冷たい血液より、温かい血液が流れた方がその内臓は温まるのです。

 

子宮の動脈血は、内腸骨動脈から子宮動脈という流れになっていて、内腸骨動脈はお尻側を通って

子宮の方に枝分かれしています。

 

なので、お尻側の仙骨のあたりを温める方が、骨盤の中にある臓器(子宮)を温めることができるのです。

 

お灸をされる方も、カイロを使用される方も、前側ではなくてお尻にある仙骨を温めるようにしてみてください。

 

ちなみに、カイロによる低温やけどの痕はなかなか消えないので、お気をつけくださいね。

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP