治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】性交痛がなくなった

投稿日:

性交痛がありタイミングがとれない

 

Mさん(32歳)は、性行為の時に痛みがあり、病院で検査をされたのですが、特に問題がなかったようで、

鍼灸で治したいと、宇都宮鍼灸良導絡院にお越し下さいました。

 

西洋医学では性交痛がある方は、子宮内膜症や卵巣や卵管が腫れている方に起こると言われています。

 

東洋医学では、気血の滞りや分泌物が少ないことが考えられます。

 

気血の滞りは

 

気虚:気が不足している人~元気がなく疲れやすい

血虚:血が不足している人~めまい・動悸・不眠がある方

 

性交痛は他にも要因がありますが、Mさんは気血両虚と分泌物が少ないことが考えられます。

 

Mさんの特徴は、

・首と肩がいつもはっている

・髪の毛がパサパサしている

・集中力が低下して、物忘れがある

・いつもだるくてやる気がでない

・いつも眠たい

・月経の量が少ない

・時々めまいがする

・冷え性で風邪をひきやすい

というような症状がありました。

 

これらの症状は気虚と血虚の症状で、身体の潤いも不足しているのが原因と考えられました。

 

3ヶ月ほどで、上記の症状が緩和され、性交痛が和らぎとても喜んで下さっています。

 

今は、身体の状態を維持しながら、妊娠に向けて鍼灸を続けていただいています。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP