治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】月経とホルモンのしくみ

投稿日:

月経とホルモンのしくみ

 

月経は頭の中にある視床下部というところにコントロールされています。

 

視床下部はGnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)というホルモンを分泌して、脳にある下垂体を刺激します。

その下垂体から性腺刺激ホルモンのFSH(卵胞刺激ホルモン)を血液に分泌します。

 

その卵胞刺激ホルモンが血液の中を流れて、卵巣の卵胞が育ってエストロゲン(卵胞ホルモン)を分泌します。

 

卵胞が十分に育つとLH(黄体化ホルモン)が分泌されて排卵が行われます。

 

排卵した後、黄体というものに変わります。(その組織の色が黄色になることから黄体と呼ばれます)

 

黄体が出来て、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されますが、このプロゲステロンは子宮内膜にかかわる重要な働きをします。

受精卵の着床に備えて、子宮内膜に栄養を与えて、フカフカのベッド作ります。

 

このプロゲステロン(黄体ホルモン)は、脳の体温中枢に働きかけて体温をあげてくれます。

排卵後に体温が上がるのはこのシステムのためです。

 

高温期が高くならない方は、プロゲステロンの分泌が正常に機能していないとも考えられますし、

低温期と高温期が2相にならない方は、排卵がきちんとされていないことも考えられます。

 

卵管膨大部と呼ばれるところで受精した卵子が、着床しないと黄体はやがて白体に変わって、2週間で子宮内膜が剥がれて、血液とともに排出されます。これが月経です。

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP