治療院ブログ

東洋医学からみる生理痛の原因

投稿日:

東洋医学からみる生理痛の原因  2012/9/5

東洋医学では、月経前痛、月経期間痛、月経後痛で原因が異なるため分けて考えます。

①月経前痛・・・・・・「気血凝滞」といい、気が滞り血行が悪くなるものとされ、その中で痛みより張りが強いものの主な原因は「気滞」、 張りより痛みが強いものは「血瘀」(血行の悪さにより気も滞る)に分けられます。

②月経期間痛・・・・血の塊が排出されると疼痛が緩和されるものは「気滞」が原因です。

③月経後痛・・・・・・「気血両虚」といい、必要な気血が足りていないことが原因です。

 

このように東洋医学ではまず、どのタイプの生理痛かを詳しく分類し、患者さまの症状にあった治療法を見つけていきます。

まだ他にも、痛みの種類や場所によりもっと詳しく分類できるのですが、それはまた次回とさせていただきます。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP