治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】流産後はどうしたらいいですか☆彡

投稿日:

流産後はどうしたらいいですか

 

当院で不妊治療を受けていただいている患者さまで、妊娠されても残念ながら、流産されるケースも

あります。

 

「流産後の治療はどうしたらいいですか」「すぐに体外受精をしてもいいんでしょうか?」と

質問を受けます。

 

あるクリニックで、当院の患者さまが「1度妊娠したから、妊娠ができる可能性があるから、早い方がいい。12ヶ月あければ大丈夫」と言われたそうですが…。

(自然流産か掻把手術かにもよりますし、その方の年齢にもよりますが…)

 

東洋医学では、流産をお産と同じ負担が身体にかかるととらえ「小産」と言います。

 

流産後100日くらいは気力と体力を養う期間として空けてほしいと思います。

 

子宮と卵巣も元気な状態に戻るには、やはり時間がかかります。

鍼灸は子宮や卵巣の回復に役立ちます。

 

ご自身では、養生の期間は特に身体は冷やさず、過労になることや、重労働は避けて下さい。

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP