治療院ブログ

良導絡鍼灸☆彡自律神経の自己チェック

投稿日:

自律神経をチェックしてみましょう。

 

人間には、自律神経という自分では調整できない意思と無関係に働くものがあります。

 

体温の調整や汗、内臓の動きなども自律神経の重要な働きのひとつです。

 

自律神経が乱れると、低体温になったり、基礎体温が二相性にならなかったり、ホルモンのバランスを崩したり、排卵機能不全や黄体機能不全を起こすこともあります。

 

自律神経が乱れる最大の原因は精神ストレスです。

 

不妊の方は、心の病と言われたりします。不妊の治療をされている患者さまのストレスは計り知れないものがあり、緊張状態が長期間にわたります。

 

緊張の持続は自律神経に変調をきたし、さまざまな不定愁訴があらわれてしまいます。

 

自律神経のチェックをしてみましょう。

 

症状が常にある2 症状が時々ある1 症状がない0

1 耳鳴りがする
2 めまいがする
3 胃の具合が悪い
4 突然、冷汗がでる
5 下痢、あるいは便秘をする
6 急に体が熱くなったり、冷たくなったりする
7 吐き気があったり、吐いたりする
8 手足が冷える
9 脚がだるい
10 仕事をすると疲れてぐったりする
11 息苦しくなる
12 動悸がして気になる
13 緊張すると汗をかいたりふるえたりする
14 ちょっとしたことがカンにさわって腹がたつ
15 顔が急にほてる
16 物事を急がなければならない時、頭が混乱する
17 心を一つのことに集中できない
18 いつも決心がつきかねる
19 感情を害しやすい
20 人から批判されるとすぐ心が乱れる
21 よそで食事をするのが苦になる
22 わずかなことが気になる
23 人から神経質だと思われていることがある
24 よく考えて物事をするのではなく、いきなり思いつきでやるほうである
25 頭重や頭痛がある
26 胸が押さえつけられるような感じがある
27 食欲が不振である
28 同じ仕事を長時間つづけるとイライラしてくる
29 自分の健康のことが気になる
30 目が疲れる
31 性欲の衰えを感じる
32 寝つきが悪く、眠ってもすぐ目を覚ましやすい
33 寝つきはよいが、夜中や早朝に目を覚ましやすい
34 のどが詰まるような感じがある
35 朝起きた時に体がだるい、または午前中だるい
36 自分の人生がつまらなく感じる
37 物忘れをする
38 夢をよく見る
39 食事のあとか空腹のとき、胃が痛む
40 月経のとき、体のぐあいが悪い(痛み・イライラ)
41 月経不順(過小・過多)
42 やせすぎ、あるいは太りすぎが気になる
43 肩や首筋がこる
44 腰や背中が痛くなる
45 手足に痛みやしびれがある
46 朝、手がこわばる
47 朝、手足がむくむ
48 寝汗をかく
49 せきがつづけて出て苦しむ
50 天候の変化で身体の調子が悪い

合計

 

6~15点:軽症

16~30点:中等症

31~50点:重症

 

中等症以上のかたは、自律神経が乱れています。一度鍼灸治療を受けてみてください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP