治療院ブログ

不妊鍼灸・不育鍼灸☆彡足浴で冷えをとり妊娠力を高める

投稿日:

足浴で冷えをとり妊娠力を高める

 

日々寒さが厳しくなってきました。

 

 

不妊の方の95%以上は冷えの症状を持っていらっしゃいます。

お腹であったり、足であったり…。

 

不妊の原因となる要因の中で

 

なかなか改善しにくいのが「冷え」です。

 

 

妊娠を望まれるなら、まず一番は、「冷え」とりです。

 

 

 

「冷えは万病の元」と言われいます。

 

特に、

 

お腹、首、足の冷えの対策はすぐにでもはじめてください。

 

 

骨盤内にある卵巣や子宮が冷えると、

 

血流が悪くなって、排卵や着床がうまくいきにくくなります。

 

そして、

 

首が冷えると

 

首を通っている神経のひとつである、内臓の働きをよくする

 

 

自律神経がうまく届かなくなります。

 

そして、卵子を成熟させる、卵巣から分泌している

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)を調整する、脳の下垂体からでる

 

FSHと言われる卵巣刺激ホルモンがあり、

 

またその卵巣刺激ホルモンを調整をする

 

視床下部から出る性腺刺激ホルモンが、

 

首を通る血管に流れています。

 

首が冷えると、この流れが悪くなり、

 

結果として、卵巣で分泌される卵胞ホルモンが上手く

 

分泌されなくなるのです。

 

そこで、宇都宮鍼灸良導絡院では

 

鍼灸の他に、

 

お灸と足浴をお勧めしています。

 

足浴を100時間すると体質が変わると言われています。毎日朝晩15分ずつしても半年以上かかります。

 

それくらい冷えをとるには時間がかかるのです。

 

肌寒くなって冷え対策をされている方が多いのですが、夏の冷えが今になって響いている方がいます。

 

 

 

 

 

 

 

宇都宮鍼灸良導絡院に通っていただいている方で

 

冷えが緩和された方は、お灸と足浴を必ずされています。

 

日々のケアが妊娠体質に変わっていきます。

 

特に、朝がお勧めです。

 

眠っている間に身体が冷えているので、

 

朝、お化粧をする間に入っている方もいらっしゃいます。

 

手も一緒に入れていらっしゃる方もいます。

 

末梢を温めると、お化粧のノリも良くなるので、

 

一石二鳥ですね。そんな手間はかけられないという方は、

お風呂で湯船に浸かったあと、身体を洗う間も足浴をされる事をお勧め

しています。お風呂で湯船に浸かるだけより、芯から温まりますよ。

 

 

 

宇都宮鍼灸良導絡院で使用している足温器は

 

遠赤外線で、お湯を使っていません。

 

 

皆さん、最初はびっくりされます。

 

 

 

 

 

宇都宮鍼灸良導絡院では、施術に入る前に、この足温器に約10分間入っていただいております。

 

が、

 

お家で足浴をする場合は、

 

このような商品が販売されていますので、

 

お湯を入れて、冷めてきたらポットにお湯を沸かして

 

足し湯をしながら

 

入ってください。お風呂場でも使えますよ~。

 

 

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP