産後骨盤矯正

妊娠と骨盤

女性は妊娠3~4ヶ月になると「リラキシン」というホルモンが卵巣から分泌されます。

リラキシンのはたらきは骨盤や全身の関節を緩めて柔らかくします。

赤ちゃんが産道を通るためには骨盤を広げておく必要があり、骨盤の形態と骨盤内の子宮を支える関節、靭帯をゆるめて出産の準備を行います。

妊娠中、おなかの中では胎児が成長するにしたがって子宮も徐々に大きくなります。骨盤はリラキシンの作用で関節を柔らかくし、大きさを増す子宮からの圧力を常に受け止めながら徐々に広がり、妊娠26週目頃から広がるスピードをさらに加速させます。

 

出産、産後と骨盤

出産をむかえると骨盤の広がりはピークに達します。おなかの中で赤ち   ゃんがいろんな動きをすることで恥骨結合というおなかの下にある硬い関節が緩みます。このため産後の恥骨結合は緩みきった状態です。

帝王切開の場合でもリラキシンは分泌されており、脳にとっては自然分娩と帝王切開の区別はないので骨盤は同じように広がります。

また、昔は「妊娠中の針仕事は良くない」と言われており、目を酷使することは「子宮」を緊張させてしまいます。

現代はパソコンやスマートフォンを使い続けることで、目の酷使だけではなく「頭と指先」を使い自律神経などの神経を疲労させてしまうため使いすぎることは良くないと言えます。

 

リラシキンとは

分泌される時期

・妊娠34ヵ月から出産後数日間

・生理前数日

リラキシンは妊娠時だけではなく、生理前にも分泌されます。

生理前にこのホルモンが分泌されることで骨盤がゆるみ経血を排出させます。

普段から骨盤にゆるみ・ゆがみがありバランスが良くない状態ではリラキシンの分泌時期に骨盤のゆがみが生じやすいと考えられます。

この分泌時期はゆるんだ骨盤がゆがみを生じないように骨盤周囲の腰や臀部などの筋肉が緊張状態となり支えています。

緊張状態の筋肉は血流が低下するため、腰痛や股の付け根の痛みやだるさが引き起こされます。

 

なぜ産後に骨盤矯正が必要か?

妊娠~出産までにリラキシンが分泌されて骨盤が広がり大きくなります。

出産後は広がった骨盤によって腸などの内臓が下がってしまい、子宮や卵巣を圧迫します。

圧迫されることでおなかが張ったり、頻尿・尿漏れ、早産や2人目不妊などの影響が考えられます。

出産後は骨盤を妊娠前に戻すホルモンは分泌されることはなく、時間の経過とともに自然回復させることしかありません。

出産後の骨盤は、約6ヶ月かけて元の骨盤に戻ろうとします。したがってその期間に骨盤を正しい位置に戻るようしっかりと整えるには産後に骨盤矯正のサポートを受けることが大切です。

また、生理前後に腰痛などがある場合は日頃から骨盤にゆがみがあると考えられます。

この場合も同じように骨盤矯正を受けることで腰痛など症状の改善が期待できます。

 

産後の骨盤に必要なことは

・広がってゆがみが生じた骨盤を元に戻す

・腹筋や臀部の筋肉など骨盤周りの緩んだ筋肉を引き締めなおす

・緩んだ骨盤底筋群を引き締めなおす

・産後の影響による腰痛、尿漏れ、体形の変化、2人目不妊、更年期障害などのトラブルを防ぐ

このようなことを目指して施術を行います。

 

産後の骨盤ベルトの正しい使い方や効果的な骨盤体操の方法など産後ケアのアドバイスも行っています。

自分でどうしたら良いか分からない、何が良いのか分からないなどお悩みがあればぜひ一度受けてみることをおすすめいたします。

 

効果

腰痛、股関節など筋肉と関節の痛み解消

おなかの張り、尿漏れ、便秘の改善

姿勢の改善、骨盤周りのシェイプアップ

2人目不妊、更年期障害の予防


〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP