治療院ブログ

最近の投稿

37歳 鍼灸で体が整い妊娠

投稿日:

都島区からお越しのIさん(37歳)が妊娠されました。

 妊娠しにくい原因

2019.12月にお越しになったIさんは13か月の不妊期間があり、タイミング法1回されましたが、妊娠には至らず妊娠しにくい原因に卵胞がうまく成長していないとのことで、卵胞の成長をサポートできるよう施術を行いました。

 鍼灸で妊娠しやすい身体づくり

当院では、鍼灸施術で卵巣・子宮の血流促進を図り、卵胞成長、薄かった内膜が厚く成長できるよう目指します。

また、スーパーライザー直線偏光近赤外線を使い、過緊張している交感神経を正常に戻し、卵巣の血流促進を目指します。

不妊鍼灸では、卵巣・子宮や自律神経などを意識されやすいですが、この他のさまざまな臓器も連携しながら活動していることから、身体全体の健康状態にも注目して施術を行います。

そのため、首肩こり、頭痛、腰痛、便秘、冷え性など体の不調も楽になっていただけるよう同時に施術を進めていきます。

 人工受精で妊娠

そして、2010.9月 鍼灸で体を整えられたIさんは人工授精で見事妊娠され、クリニックで胎嚢を確認されました。

 

Iさん、この度は誠におめでとうございます!

これからも安心安全なマタニティ生活を送れるよう何かお困りのことがございましたらいつでもサポートさせていただきますので宜しくお願い致します。

 

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

排卵障害 不妊

 

□鍼灸以外で妊娠(陽性反応)された方法に〇をつけてください

人工授精

 

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

病院のことや治療方法についてなどいろいろ教えていただきました。

肩こりや眼精疲労など不妊以外の症状についても対応してくださいました。

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

不妊治療はストレスを感じることも多いですが、鍼灸はリラックスでき、ゆっくり話を聞いていただけるので、治療の悩み相談の場にもなり、良かったと思います。

 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

 

 

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

アトピーと向き合いながら人工授精で妊娠 36歳 (2018.9.12

肩こり首こりが楽になり人工受精で陽性反応 39歳 (2019.6.5

黄体機能不全と低AMH値 人工授精で妊娠 38歳 (2018.12.30

 

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

このページのトップへ

鍼灸養生で体質改善 乳がん乗り越え卵子凍結により見事妊娠!

投稿日:

この度乳がん乗り越え卵子凍結されていたT様が見事妊娠されました。

卵子凍結で妊娠されるのはとても貴重なケースです。

乳がんの手術を受けたこともあり、これ以上心配かけまいとご両親を気遣って秘密にされていたことなど、とても優しいご家族でしたので、きっとお生まれになったらご両親もお孫様を溺愛されることと思います。

この度は誠におめでとうございます!!

これから徐々に寒さも増してまいりますので、出産に向けてお身体ご自愛なさってください!!

 

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

妊娠しやすいからだになるための 卵子の質を上げるため。

 

□鍼灸以外で妊娠(陽性反応)された方法に〇をつけてください

顕微授精 乳がんの為約5年前に凍結していた未受精卵を使って2日目の初期胚2個を移植

 

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

毎回体調をきいてくれてそれに応じた施術をしてくれるところが好きです。頭痛とか便秘とか。妊活初心者なので知らないことも多かった私は行く度にためになる情報を頂いています。ずっと素足ですごしていたけど先生に5本指ソックスを勧めて頂いて冷えがましになりました。がむしゃらにサプリや便秘薬を飲んでいましたファなるべく食べ物からとるようにして体調もよくなりました。

 

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

おうちでできるソフトしんきゅうはまいにちやっています。あとは妊活にいいってきいたものはできる範囲で取り入れました。葉酸、アーモンドミルク、パイナップル等夏でも毎日くつした。初めての移植の約2ヵ月まえからこちらで週1回施術してもらっています。通う度に身体が整ってベストな状態の身体で移植できたことが妊娠に繋がったと思います。本当にありがとうございます。

 

 

 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

https://utsunomiya-shinkyu.jp/

 

 

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

 

 

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

 

 

 

このページのトップへ

43歳 体外受精からステップダウン 鍼灸養生で自然妊娠

投稿日:

不定愁訴

M様は低血圧、冷え症 気管支喘息 チョコレート嚢腫 月経不順 便秘 など不定愁訴も多いお方でストレスも大変多いご様子でした。

これまで20162月ご結婚 201611月自然妊娠→稽留流産で手術 20176月~8人工授精2017121月顕微体外受精 20191月自然妊娠 4月自然流産

をご経験されてのご来院でした。

自然妊娠に至るまで

40代で体外受精の妊娠率が高い中、M様の妊娠陽性がでたのは自然妊娠でした。

40代前半での自然妊娠率は30%程、40代後半になると5%程とも言われています。M様の自然妊娠はとてもすごいことなのです。

そもそもタイミングをとられて自然に妊娠することは奇跡の連続です。女性の左右卵巣のうちどちらか原子卵胞のうち20個程度がホルモンの刺激によって成長しそのうち1つが主席卵胞として育ち、やがて排卵されます。排卵された卵子と精子との出会いは卵管膨大部です。卵子はここで24時間以内に出会わないと死んでしまいます。

一方精子は0.06mm 女性の子宮内腔が約7㎝、卵管の長さが10㎝ですので射精され膣に入った精子が卵子と出会うためには長い旅路です。一度に射精される精子の数は2~3億個ですが、卵子の目前までたどり着けるのは数百個ほど。また精子はデリケートでストレスの影響も受けやすく数も運動率も一定ではなく1日に10倍ほどの変動があります。

女性の膣内には細菌やウイルスが侵入しないよう酸性度の高い状態に保たれているので、酸から精子を守るアルカリ性の液体に守られながらも精子のほとんどが子宮に到達する前に死んでしまいます。精子は卵子より受精能力は長く維持され射精後2~5日間と言われていますが、この寿命期間の間に様々なせめぎ合いをへてたくましく生き残った精子が卵管膨大部にいる卵子と偶然出会って初めて受精できるのです。

 

見事鍼灸と養生で自然妊娠!

M様この度は誠におめでとうございます。

自然妊娠にこだわりお身体を活かしきるために丁寧に取組まれた妊活は気が遠くなるような苦しくも貴重な時間を過ごされたのではないかと思います。

何を言われてもぶれない凛々しさ、立ち向かう強さは大きな優しさとなって今後お子様を守って下さることと思います。これからまた厳しくつらい壁にぶつかっても、どうかM様らしい優しさに包まれた幸せなご家庭を築いてくださいませ。

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

妊娠リミットもあり着床力を上げてできるだけ自然妊娠をしたい希望もありました。

HPを見て30代後半40代の方が多く妊娠されているのを知り藁をも縋る思いでした。

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

肩こりや冷えを整えてもらうだけでなく自律神経を整えストイックになりすぎない事を学びました。

通院を初めて、理由もなく不安になったりすることがなくなりとても穏やかな気持ちになったことが嬉しかったです。

▢ご自身でこれは良かった自分に合っていたと思われた妊活があれば教えてください。

ストレッチ 自宅灸 レーザー 温活 サプリメント かかと叩き アーモンド効果を飲む イチジク クルミを食べる 着床の窓のズレを考えて排卵6日前から仲良くし始める

足浴

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

私は不妊治療ステップアップ→ステップダウンをしても全く妊娠しませんでした。

かかりつけの産婦人科医は自然妊娠を諦めて早くステップアップをするように何度も言いましたが不定愁訴を取り除くことが急がば回れに繋がると思い自然妊娠に至りました。誰にどんなことを言われても諦めず自分が思う妊活を信じてほしいです。

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

宇都宮鍼灸良導絡院

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

鍼灸で体を整えて自然妊娠 43歳 (2019.9.9.

AMHですが自然妊娠 41歳 (2018.8.10

タイミング療法で妊娠 43歳 (2018.7.3

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

 

このページのトップへ

胚移植後の生活ってどうするの

投稿日:

【胚移植後の生活】

胚移植後に気をつけることは何ですか?

という質問をよく受けます。

 

ネットでさまざまな事が書かれているので、何を信じたらいいかわからないというお声が多いです。

 

クリニックでは、「普通の生活をしてください」と言われるそうです。

では、「普通の生活」とは?

 

移植をしたからといって、今までしていなかった事を始めるとかは、普通の生活ではないと思います。

 

着床するには、ストレスがかからない今までと同じ「普通の生活」がいいということです。

 

ホルモンの安定が大事

なぜなら妊娠の成立には、のホルモン状態が安定していることが大切です。

 

急な生活の変化や体調の変化はストレスがかかり、自律神経が乱れます。

そうするとホルモンバランスが乱れ、必要なホルモン分泌ができなくなってしまいます。

 

ストレスは交感神経が働き、筋肉が硬くなります。そうすると血液の流れが悪くなり、肩や首のこりもそうですが、子宮への酸素や栄養を補給することも上手くできなくなります。

 

胚移植後の緊張

の状態は、ストレスの状態を作り出してしまっているのです。

 

停滞によって胎児への酸素・栄養の供給もスムースに行われなくなってしまう可能性があります。

鍼灸やマッサージでストレスを軽減することも大事ですね。

 

以下に過去の論文を引用して説明します。

 

ARTの成績とストレスの関連性については、負の相関がみられるという報告が多く、ス トレスの強さやストレスに対する脆弱性 は IVF−ET 後の妊娠 の不成立と関連すると報告されている。鍼灸はストレスホルモンの1つである結成のコルチゾールとプロラクチンの分泌を調整し、体外受精、胚移植の結果を改善し妊娠率を増加することを示している。

 

引用:田口玲奈 女性心身医学 JJpSocPsychesomObstetGynecol VoL 20No3pp 302−307,(平成 23 月)

 

 

体外受精、胚移植後の食事で気をつけること

https://utsunomiya-shinkyu.jp/wp-admin/post.php?post=3828&action=edit&classic-editor__forget

 ※すべての方にあてはまるものではございません。

 

このページのトップへ

41歳妊娠 酷いつわりを鍼灸で改善

投稿日:

41歳 O様が妊娠されました!

 

不定愁訴

肩こり 冷え性 むくみ 便秘 不眠 低血圧 虫垂炎 甲状腺機能低下症 アトピーなど もともと虚弱体質で様々な症状に悩んでおられ、人工授精3回 体外受精3回 不妊治療に3年近く取り組んでいらっしゃいました。

今年20202月着床8wから流産を乗り越えてのご来院でした。

 

生命力を取り戻す鍼灸で妊娠

東洋医学で人の身体は気・血・津液・精で構成されていると考えられます。妊活にも関連が深いこの「精」には、「先天の精」と「後天の精」があります。

「先天の精」とは、両親から受け継いだもの、そして次世代へ継承するもので、発育や成長、生殖、生命力の源となるものです。もし、親から受け継いだ先天の精が少なければ、子供の発育や成長に影響が出ます。そしてこの先天の精は、五臓の腎に貯蔵されています。


「後天の精」とは、生まれてから自分で作り出していく物で、脾と胃の働きによって、飲食物を消化吸収して精を作り補充していきます。このように、後天の精は先天の精を絶えずバックアップして生命力の源となっており、脾胃と腎の機能が正常に働いている事が、生命活動の基本となるのです。

O様はもともと虚弱な体質で脾胃も弱くうまく生命力を高めることができずアトピーや 低血圧 虫垂炎など、たくさん悪循環を生み出しやすいお体だったのかもしれません。そこでまず新しい命を誕生させるほどのご自身の生命力をつけていただく事が必要でした。

鍼灸は慢性的に積み重ねた不調を取り除き、脾胃や腎の機能を高めて本来持つ元気な状態を取り戻していただく体作りができます。

O様は沢山ご自身の不調を抱えておられたため、鍼灸以外にもヨガやご自宅でのお灸、食生活などの体質改善に取り組まれ、苦労の末見事妊娠されました!

酷いつわりを鍼灸で改善

しかし、妊娠されてからの道のりもとても大変でした。心配だったことはO様は重度のつわりがあり、何も飲めない食べれない状態で当院にお越しの際は今にも倒れそうなほどで、予断を許さない状態が続きスタッフ一同何とか無事お守りしたいとそわそわしておりました。

妊娠時におこる「つわり」と重度のつわりに分類される「妊娠悪阻(にんしんおそ)」にはやや違いがあり、検査で尿中ケトン体がでるかどうかなどが判断材料となってきます。

O様はこの検査で尿中ケトン体が検出されず「妊娠悪阻」には分類されなかったため病院から診断書がでず仕事を休ませてはもらえませんでした。そのため酷いつわりに耐えながらもお仕事を勤められ、その合間をぬって鍼灸を受けにきて下さっていました。

特につらい時は週に2回お越しいただいたほどです。

毎回お越しになられたときは、疲れ切った状態でした。ですが鍼灸の施術を受けて帰られる頃には、顔色がよくなり鍼灸でつわりが和らいだ事を実感していただいておりました。

鍼灸を受けられた後は食事もできるようになったと毎回喜んで頂いておりました。私たちも施術前後の変化が良く分かり、つわりにて鍼灸の素晴らしさを改めて実感した瞬間でした。

 

O様この度はご懐妊誠におめでとうございます!

O様が努力と苦労を重ねられた妊活生活でしたので、O様が出産され胸に我が子を抱く日が来るときはとてつもなく感動と幸せに満ちる瞬間かと思います。そして私たちもその瞬間を無事に迎えられますよう心よりお祈りいたしております。人生のビックイベントに携わらせて頂き誠にありがとうございます。

O様はお母さまも元々お体が弱かったとお伺いしております。これからお腹のお子様が充分に「先天の精」を引き継げますよう、これからもできる限り養生と鍼灸で健やかにお過ごしください。そしてもし今後お子様が少し不調を感じたときにも鍼灸を思い出していただければ幸いです。

 O様のお喜びの声

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

妊娠できる体質になるため

 

□鍼灸以外で妊娠(陽性反応)された方法についてお聞かせください

顕微授精→凍結胚移植

 

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

虚弱体質であることを自覚していたもののうまく対処できずにいましたが宇都宮鍼灸良導絡院に通うようになり冷え症や肩こり便秘、アトピーなど不調が軽減するのが実感できました。 また自宅でお灸が出来る様にとツボを教えて頂いたり妊活の情報を色々と教えて頂いたおかげで陽性反応がでたと思っております。

ありがとうございます。

 

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

自分が健康でないと妊娠することは難しいことを感じましたので,まず自分を大事にしてストレス軽減が大切だなと感じております。

自宅でのお灸はしんどいときでも気軽にできて良かったと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

 

 

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

2人目不妊 胚移植6回目で陽性反応 40歳 (2018.1.15

 

流産を乗り越え5回目の胚移植で妊娠 43歳 (2018.2.11

 

2段階移植で陽性反応 41歳 (2019.1.8

 

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

このページのトップへ

35歳 鍼灸で養生 人工授精で妊娠

投稿日:

大阪市からお越しのAさん(35歳)が人工授精で妊娠されました。

 

1年2ヶ月の不妊期間があり、婦人科で排卵チェックをしながらタイミング法を続けておられましたが、なかなか妊娠には至っていませんでした。

妊娠しにくい原因は、体質にあるのかもしれないと考えられたAさんは2019.12月に宇都宮鍼灸良導絡院にお越しになりました。

妊活のための鍼灸 

初めての問診の際、肩こり、腰痛、冷え性、便秘、ストレス過多などの不定愁訴があり、お仕事などによりこれらの症状を日頃からお持ちでした。

鍼灸は、肩こりなどの痛み、便秘など胃腸内臓疾患、ストレスなどの症状を適応症状としており毎回体調を伺い施術させていただきお帰りの際は「楽になりました!」「体がポカポカする」と仰っていて、鍼灸を始めて2ヶ月後には「つらかった生理痛がなくなった。」とも仰ってくださいました。

 

不定愁訴と不妊

当院は、不妊に大切な生殖機能の向上だけでなく、身体のさまざまな不定愁訴(不調箇所)にも徹底して施術をしております。

なぜなら、人間の身体は自身のホメオスタシス(恒常性維持=自律神経・内分泌系・免疫系)が保たれて初めて心と体のバランスがとれ、さらに多様な器官や内臓が複雑に関連して生命を維持しています。

人間はこれらの器官の機能が低下しホメオスタシスが身体の機能低下を察知すると、自分の生命を維持するために最初に「生殖能力」を止めてしまうのです。

したがって肩こり、冷え性など慢性的な症状に対しても毎回施術を行い妊娠しやすい身体づくりを目指します。

 

そして2020.8月 人工授精で妊娠され、現在つわりがありますが、順調に育っているとのことです。

Aさん、この度は誠におめでとうございます!

いつも明るいAさんの笑顔とお気遣いに私たちも元気をいただいていました。

お子様が健やかに育ち、Aさんの健康を支えられるようサポートいたしますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

患者さまご懐妊お喜びの声

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

身体がほぐれ、とてもリラックスが出来た

毎週体調を確認して施術していただけたので体の不調が改善した

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

身体の不調を改善してもらえると心と体がリラックスするので妊活にとても良いことではないかと感じています。

また私はお風呂上がりのストレッチを出来るだけ行い、体の血行を良くすることも心掛けました!参考になれば幸いです。

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

 

 

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

人工授精後の鍼灸 陽性反応 妊娠 36歳 (2018.4.24

アトピーと向き合いながら人工授精で妊娠 36歳 (2018.9.12

不眠が解消され、タイミングで妊娠 37歳 (2020.1.27

 

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

このページのトップへ

39歳 流産を乗り越え、鍼灸 セルフ灸で双子を妊娠

投稿日:

39歳 Y様妊娠されました!

 

不定愁訴

2018年、当院にお越しになる1年以上前からなかなか妊娠に至らず、悩んでいらっしゃるご様子でした。肩こり、腰痛、便秘にもなりやすく、元々胃弱でとても細みの体型でいらっしゃいました。

東洋医学、五臓の役割

東洋医学では、「肝」「心」「脾」「肺」「腎」という「五臓」が働いていると考えられています。この「脾」は西洋医学でいう胃腸機能の他、消化吸収の働き全体を指します。

Y様のように胃腸の働きが弱いと胃もたれや消化不良、食欲不振、便秘、下痢などの症状に加え、胃腸から栄養を吸収して全身に栄養を送ることができないため子宮などの生殖機能を養うことができなくなるのです。また全身の気血の巡りが滞り疲れや肩こり、免疫力低下など全身に様々な症状が起こります。

そこで当院の妊活鍼灸では胃腸「脾」を根本ととらえた施術をさせていただいております。

流産を乗り越え、鍼灸とセルフケアで努力の末双子を妊娠

Y様は人工受精5回、今年3月に体外受精で妊娠するも流産。悲しみとショックでスタッフも共に涙しました。それでもY様は諦めず、不妊鍼灸を受け続けてくださいました。そんなY様に私たちも何とかお応えして妊娠して頂きたい気持ちで試行錯誤しておりました。鍼灸院での施術以外でもご自身の体質改善につながる様、移植前後にご自宅でのセルフ灸のツボをお伝えして妊活に取組んでいただいておりました。

そして辛い時を乗り越え、前向きな気持ちで取り組まれた結果 、同年6月胚盤胞移植で見事陽性反応。なんと現在双子のお子様がおなかにいらっしゃいます!

Y様この度は誠におめでとうございます!

いつも心を穏やかに前向きに妊活に取り組まれているご様子がとても印象的でした。流産を乗り越えてのご懐妊は喜びもひとしおと存じます。

二人のお子様のお母様になられるので、今後とも元気で安心安全なマタニティ生活を送れるよう全力でサポートさせていだたきます。

 

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

首こり肩こりが酷かったが行く度に軽くなった。

自分では気付いていない事に気付かせてもらえた事。

 

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

悲しい時はいっぱい泣く、でもその後は笑って過ごすようにする。

後悔しないためにも自分が納得できる選択をする。

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

 

 

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

 

5年間の不妊期間を乗り越え4回目の移植で妊娠 38歳 (2018.2.24

 

死産を乗り越え3度目の胚移植で妊娠 38歳 (2018.3.23

子宮内膜7mmが10mm以上になり妊娠 39歳 (2018.12.13

 

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

このページのトップへ

妊活に夏の冷えは深刻!夏こそ冷えとり

投稿日:

暑い時期の冷えにご用心

寒い時期ほど、冷え対策をされる方は多いのですが、実は深刻なのは、「夏の冷え」であることをご存じでしょうか。

 

冷房の効いた部屋で長時間過ごし、冷たいものを摂取していると内臓を冷やしてしまいます

内臓の冷えは、子宮や卵巣などに必要な栄養が届かず、老廃物も排出されないといった悪循環に陥ります。

妊活中の方にとって、子宮や卵巣の冷えは深刻です!

 

また、冷えた室内と暑い屋外との往復は自律神経を乱してしまい、さまざまな不調が懸念されます。

 

暑い夏こそ、油断大敵です。

夏の冷え対策を心がけましょう。

 

◎対策1=身体を中から温める食事

 

暑い土地で育った夏特産品は、身体を冷やすはたらきをもちます。

(きゅうり、トマト、スイカ、パイナップルなど)

これらに対して、北方産のものは身体をあたためてくれるはたらきがあります。

(にんじん、いも、大豆、しょうがなど)

キュウリを食べるときは大豆製品である味噌をつけて食べる、などの工夫をしましょう。

おすすめは、「しょうが」です。しょうがに含まれる成分は血管を拡張させて全身の血行がよくなります。

基礎代謝があがり体温も上がるので、食事や飲み物などに取り入れてみましょう。

 

◎対策2=下半身を中心にストレッチ

筋肉は熱を生む働きがあります。

現代の生活は足腰を使う機会が少なくなっているので、下半身の筋肉が衰えやすくなっています。

特にスクワットは効果的でおすすめしますが、気軽に取り入れやすいストレッチでも十分効果はあります。

お風呂あがりなどリラックスしながら普段使えてない筋肉をゆっくり伸ばしてあげてください。

 

◎対策3=肌着であたためる

手首・足首・首をあたためましょう。この“3つの首“は動脈が体表近くを走っているので、冷えの影響をうけやすくなっています。逆にこの冷えを防ぐと全身の冷えを防げます。

また腹巻きを愛用している方は多いと思いますが、あたためすぎて、汗をかいてしまうと汗が身体を冷やしてしまいます。

肌着には保温性と放湿効果のあるシルクがおすすめです。

 

◎対策4=湯船につかって血行促進

ぬるめのお湯でじわじわ温めることで副交感神経がはたらき、全身の毛細血管を拡張してくれます。

日中クーラーで冷えてしまった身体を芯から温めてリラックスしましょう。

ぬるめの入浴は、良質の睡眠を促してくれます。

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

 

如何でしたか。

どれも負担なく行えるものがほとんどです。

ストレスなく夏の冷え対策を日常生活に取り入れてみてください。

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません。

このページのトップへ

夏の妊娠率低下の原因は…

投稿日:

「夏の妊娠率低下の原因は」

人は暑さに対応する体温調節器官は持っていますが、冷えに対応する機能を残念ながら持っていません。

 

身体の機能低下は冷たいところにおこります。

 

赤ちゃんがなぜ「赤ちゃん」と呼ばれるかご存知ですか?

赤ちゃんは赤血球が多く、体温が高いため赤ちゃんと呼ばれるという説があります。

 

人は年を重ねると、「白」に関係する症状が出てきます。白髪、白内障、白斑など

「白」は冷える色です。

「白」をみて暑そうと連想する方はいないと思います。

 

人間の身体だけでなく、物体など冷えると硬くなります。

ココナッツオイルは南国産ですが、日本の冬では白い固形になって硬くなってしまいます。

 

体温が高い赤ちゃんは肌も体も柔らかいのですが、成人(年齢を重ねると)肌は白く粉をふいてガサガサになり肥厚(硬く)します。

筋肉も硬くなるので、動作も硬くなってきます。

表面を覆っている肌や筋肉などが硬いのに、内臓は柔らかいってことはありません。

 

内臓や血管などが硬くなると、それに伴い病気が発症します。

心筋梗塞、脳梗塞、癌などです。癌は岩からきていて硬い病気で、冷えからくる病気と

言われています。

 

癌になりやすい臓器は、中が管(空洞)であいている管腔臓器で、子宮(膣〜子宮〜卵管中腔性器官)は中が空洞になっています。温度が低く特に子宮は体外と通じているので冷えやすい臓器なのです。

※卵巣(実質性器官)は中が詰まっている

 

若い頃は、冷えを感じていなくても、年齢を重ねるごとに冷えやすくなり硬くなります。

 

夏は基礎代謝が低下して熱を産みにくい状態になります。そこに夏の冷房が加わって

追い打ちをかけて身体を冷やすので、夏は体温低下を招き妊娠しにくくなると云うわけです。

 

人口動態調査では4月から6月の出生率が低下します。

これは、夏に妊娠するか方が少ないからだと考えられます。

 

では、どうやって身体を温めるのかは次回にお話しいたします。

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

38歳 子宮内膜症 妊活鍼灸で妊娠 

投稿日:

堺市からお越しのO様(38歳)が妊娠されました!

 

不定愁訴

O様は子宮内膜症の手術歴があり、甲状腺機能低下、子宮筋腫、冷えや肩こりを感じておられて、生理時には頭痛や腹部のだるさを抱えていらっしゃるなど数々の不定愁訴をお持ちでした。

不妊期間は2年ほどで、これまで人工受精5回、体外受精2回するも妊娠に至らず、ご自身で体質改善のために鍼灸治療を受けに来て下さりました。

 

 

ホルモンの伝達に重要なこと

そもそも人体の臓器の働きを調整するホルモンが沢山ある中で、妊活でよく耳にする女性ホルモンと呼ばれるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)2種類です。

この女性ホルモンは脳の指令で卵巣から分泌されます。卵巣からのホルモン分泌量は常に脳がチェックしていて、減ってくると増えるように、増えれば減るように指令を出しますフィードバック機能が働いているのです。

ところが司令塔の視床下部はストレスの影響を受けやすく、これが働かなくなると、生理の状態や体調にも影響が出て、O様のように腰回りの異常、首周りの異常があるとホルモンの伝達がうまく行われず妊活に悪影響を及ぼすのです。

鍼灸は首周りの症状を緩和するのに適しています。

首肩、腰、骨盤まわりの血流をよくすることは、妊娠への近道になります。

 

ヨガ、食療法、鍼灸、レーザー治療でご懐妊

0様はご自身で取り組まれたヨガやウォーキングにはこれらの不調を取り除くだけでなく、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンやオキシトシンを分泌させてくれます。さらにO様はサプリメントなども取り柄れられるなど、内側からストレスに強い体に作り替えました。また鍼灸やレーザー治療で外側から刺激を加えたことで、体質が徐々に改善されご懐妊にいたったのではないかと考えております。

 

 

O様この度は誠におめでとうございます!!

今後も健やかにお子様が育ち、O様の健康を守れるよう精一杯サポートさせてくださいませ!いい習慣は是非とも続けてくださいませ!今後とも宜しくお願いいたします。

 

 

 患者さまご懐妊お喜びの声

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

体外受精で2回移植するも結果が出ず子宮内膜症の手術歴もあり体質改善のために通い始めました。施術後は体がほぐれ冷えこりの軽減を感じました。毎回不調を聞いて下さりアドバイスを頂けるので不安が和らぎ前向きに治療を続けられました。

転院後、鍼灸、レーザー、ウォーキングをプラスして刺激方が変わり採卵数がアップしてやっと陽性判定を頂きました。(転院して三回目の移植)

 

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

20分~30分早歩きウォーキングをよくしていました。サプリメントは葉酸、ビタミンDL-カルニチン、L―アルギニン、還元型コエンザイムQ10など市販のものを飲んでいました。発芽玄米を白米に混ぜて食べていました。何が良かったか分かりませんが継続して効果はあったのかもしれません。こちらへ通わせてもらい悩みを聞いてもらうことでストレスや焦りが軽くなったと思います。

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

 

 

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

 

5年間の不妊期間を乗り越え4回目の移植で妊娠 38歳 (2018.2.24

 

12年間の不妊期間を乗り越えて、待望の陽性反応 38歳 (2019.10.7

 

子宮ポリープ除去後 5日目胚盤胞移植で陽性反応 38歳 (2019.4.16

 

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)