治療院ブログ

最近の投稿

月経異常と不妊の関係【不妊鍼灸・不育鍼灸】

投稿日:

月経不順、無月経の方はご注意ください。

月経異常は不妊の原因になります。

 

 

正常な月経周期は約28日(25日~35日)です。

 

正常範囲外の月経不順、または、月経がこない無月経の方は、

ご自身の月経異常を自覚しやすいのですが、

月経のような出血があっても排卵を伴わない無排卵周期症というものがあります。

自覚がない分、発見が遅れることがあります。

 

無排卵周期症の場合、基礎体温は低温1相をしめします。

 

排卵できていない状態ですので、排卵を誘発させる治療方針がとられます。

 

また月経不順の場合、黄体機能不全であることがよく見られます。

黄体機能不全は、

黄体からのプロゲステロンの分泌がうまくいかないことにより、黄体期が短くなる状態のことをいいます。

プロゲステロン、エストロゲンの作用不足により子宮内膜の発育に異常がおこります、

プロゲステロンとエストロゲンは女性の身体にとって大事なホルモンです。

 

妊活中、

順調に排卵や受精が行われ、目立った異常がなくても、

エストロゲンやプロゲステロンの作用不足により、子宮内膜の発育が不十分だと、

受精卵がうまく着床せず、着床障害をおこしてしまいます。

 

また、プロゲステロンは、妊娠維持にも関係するホルモンです。

受精卵がうまく着床したとしても、プロゲステロンが不足していると、妊娠維持が難しくなり、

不育の状態にしてしまいます。

 

黄体機能不全への治療方針は、

黄体賦活療法として、黄体期にヒト絨毛性ゴナドトロピンを投与し黄体を刺激する方法がとられます。

黄体ホルモン補充療法として黄体ホルモン投与がおこなわれます。

 

月経不順、無月経の場合、

一度、専門のクリニックで検査をうけることをおすすめいたします。

 

その上で、お体の状態を整える鍼灸療法を受けることが妊娠への近道になります。

 

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

目の疲れにお勧めのツボ【不妊鍼灸・不育鍼灸】

投稿日:

 

目の疲れの緩和が期待できる足のツボ

【解渓】をご紹介いたします。

 

足首の関節の前面にある真ん中の窪み(内くるぶしと外くるぶしの中点)

 

にあります。

 

足のつま先を真上に上げて足首を曲げると容易に

 

見つけることができます❣

 

 

解は解く、解放する、溪は窪みを意味し、

 

このツボが靴ひもを解く位置にあることから

この名前がつけられたと言われています

 

 

解渓は胃の経絡に属するので胃痛、お腹の冷え、二日酔い、

 

便秘など、胃腸トラブルの改善が期待できます

 

 

胃の経絡は前頭部や顔面を通ることから、

 

目の炎症、視力低下、視野狭窄、ものもらい、

 

顔のむくみ、頭痛、めまいなどの頭部や顔面のトラブル

 

の改善も期待できます

 

 

胃の弱りは心に負担がかかるといわれており、胃の経絡である解渓は、

 

うつ病やストレス、不眠などの精神的な疾患の改善も期待できます

 

 

また、解渓は胃の経絡の経火穴とされています。

 

経火穴は喘咳寒熱(喘は喘鳴や呼吸困難、咳はせき、寒は悪寒、

 

熱は発熱)をつかさどると言われ、せき、のどの痛みや腫れなどの

 

風の諸症状の緩和や疲労回復も期待できます❣

 

 

足の関節にあるツボなので、足の諸症状(むくみ、冷え、しもやけ、

 

関節痛、捻挫こむら返り、痛風、リウマチ)にも有効です

 

 

冬の寒さが厳しく、なにを試みても足の冷えがおさまらない時には

 

やはりお灸がお勧めなのですが、冷え込んでお灸の温かさが

 

感じることができないときは、温かくなるまで同じツボに3壮までは

 

連続で据えても大丈夫。冬用に1ランク上の熱さの

 

お灸をご用意されることもお勧めです💝

 

ほんのり温かいお灸の心地よさを感じてください。

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、

その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

このページのトップへ

40歳二人目不妊 移植6回目で陽性反応【不妊鍼灸・不育鍼灸】

投稿日:

城東区からお越しのNさん(40歳)が妊娠されました。

 

Nさんは20177月に宇都宮鍼灸良導絡院に初めてお越しいただきました。

それまでに26ヶ月間の不妊期間があり、

・人工受精×10回

・顕微受精×3回

・胚移植×5回

されていましたが、結果に繋がっていませんでした。

 

Nさんはお二人目不妊ですので、ご夫婦ともに大きな問題があるわけではないようです。

お二人目不妊の場合、お身体の状態を整えることで妊娠しやすくなります。

 

採卵された後での来院でしたので、

私たちにできることは移植にむけた適切な鍼灸施術です。

 

・子宮内膜をフカフカの柔らかい状態に育てること

・着床後、受精卵が育ちやすい環境を整えること

 

 

移植前の刺激も大事ですし、移植後の施術もとても大事です。

 

 

 

6回目の移植にして、陽性反応が確認でき、8週で心拍も確認できたのですが、赤ちゃんの成長が遅かったようで、

残念ながら流産という結果になってしまいました。

 

Nさんは、移植前まで、鍼灸にお越し頂けていたのですが、

移植後、鍼灸は受けずに自宅で安静にされていました。

 

 

移植後に施術を受けて、不育症の方が妊娠を維持できた

という例は沢山あります。

 

決して「施術を受けておけば流産しなかった」と言いたいわけではありません。

流産は、やはり避けられないケースが多くあります。

 

ただ、

お身体を副交感神経優位の状態に保つことは、とても大切なことです。

 

宇都宮鍼灸良導絡院では患者さまが不安に感じるような施術内容はしておりません。

 

安心で安全な施術内容をご用意しております。

 

Nさんも、

今回は残念な結果になってしまいましたが、

次の機会に向けて、不妊鍼灸を再開されました。

 

 

不妊や不妊でお悩みの方、

ご不明な点がございましたら、

お気軽にご相談ください。

 

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

 

このページのトップへ

不妊症の方に多い不正出血≪不妊鍼灸・不育鍼灸≫

投稿日:

【不妊症で通われている方に多い不正出血】

 

月経以外の異常の性器出血を不正性器出血といい、

不正性器出血には器質性出血と機能性出血に分類されます。

 

≪器質性出血≫

器質性出血は膣や子宮、卵巣に疾患ができ出血することをいいます。

この場合、専門のクリニックでの適切な処置・治療が必要になります。

 

 

≪機能性出血≫

機能性出血は不正出血の30%を占めており、

妊娠、器質的疾患による出血以外のものをさします。

機能性出血は排卵性無排卵性に分けられ、ほとんどの場合が無排卵性で、ホルモン分泌の乱れが影響しています。

ホルモン分泌(黄体ホルモンと卵胞ホルモン)の乱れる原因として、

・年齢的なもの(思春期や更年期)

・環境の変化などによる精神的ストレス

・不妊治療などによるホルモン剤などの使用

が挙げられます。

 

ホルモンバランスの乱れは、そのまま不妊の原因につながります。


 

 

では、

ホルモンバランスが乱れると身体の中ではどのような状態になっているのでしょうか。

 

思春期の女性は、まだ卵巣が未熟のため。ホルモンバランスが乱れやすい状態です。

思春期に起こる無排卵性出血では、

卵胞の発育はっても、黄体毛性ホルモンサージが起こらないことにより無排卵になり、

そのため、プロゲステロンは分泌されず、エストロゲン分泌が持続され破綻出血を起こしてしまうのです。

 

 

よく見られる原因は、

接触障害過度のダイエットによる体重の減少、環境の変化などによるストレスがあげられます。

 

その他、内分泌疾患(多囊胞性卵巣症候群や高プロラクチン血症なども考えられます。

 

思春期以外にも、閉経や近づくと卵巣の働きが一気に悪化していきますので、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

更年期に起こる無排卵性出血では、

卵胞数の減少や卵胞発育の衰退によって、卵胞期の途中で発育が体祝することにより無排卵がおこり破綻出血がおこります。

 

 

機能性不正出血の場合、

治療方法は年代や原因によって異なりますが、

日常生活の見直しで改善されることが見込めます。

 

・規則正しい食生活

・適度の運動、ストレッチ

 

これらを心がけてください。

 

 

また、

鍼灸は、ストレスを抱えているお体を

痛みや不正出血のない本来の状態に導くことを得意としています。

 

血流を改善することでホルモンバランスの乱れを整えてくれます。

 

不正出血でお悩みの方

婦人科疾患でお悩みの方

不妊でお悩みの方

更年期でお悩みの方

 

 

一度、お気軽にご相談ください。

スタッフ全員女性鍼灸師です。

 

不妊鍼灸の施術について詳しくはこちらから

 

 

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

 

このページのトップへ

世界保健機関(WHO) 国際的に鍼灸を認定する方針【不妊鍼灸・不妊不育鍼灸】

投稿日:

2018年、さっそく私たち鍼灸師にとって嬉しいニュースが舞い込みました。

 

 

「今春に開催される世界保健機関(WHO)の総会で、

漢方薬や鍼灸などの伝統医療が認定される方針にある」

 

とのニュースです。

 

以前から、鍼灸の経穴(ツボ)の効果は、WHOで認められていました。

 

今回新しく認定されるのは、

国際的に統一させた基準をもつ「国際疾病分類(ICD)」に東洋医学の章が追加されるようです。

病名や患者の体質を示す「証(しょう)」が300項目記載されるそうです。

 

西洋医学が普及・発展している現代において、

東洋医学はまだまだ認知の低いところにありましたが、

今回のこの動向で、日本の伝統医療の再評価につながるのではないかと、期待が高まります。

 

 

 

西洋医学と東洋医学には違いがあります。

 

西洋医学は病気をみる医学です。

胃が痛ければ胃をみる、腰が悪ければ腰をみる、のが西洋医学です。

 

東洋医学は患者をみる医学です。

全身のバランスをみて、状態を確認し、痛みを訴える部位だけでなく包括的なアプローチを行います。

同じ症状でも患者の体質によって施術内容が変わるのが東洋医学です。

 

 

宇都宮鍼灸良導絡院が専門とする不妊鍼灸も同様です。

生殖機能の血流をあげるだけでなく、首こりや便秘、冷えなど、お身体のバランスをみて全身(お腹、足、背中、首、肩など)にアプローチいたします。

 

 

不妊でお悩みの方は、一度、不妊鍼灸専門の宇都宮鍼灸良導絡院にご相談ください。

スタッフは全員女性です。

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

 

 

このページのトップへ

男女の不妊・不育症の改善を期待できるツボ【不妊鍼灸・不育鍼灸】

投稿日:

 

男女の不妊、不育症の改善を期待できるツボ

 

【命門】をご紹介いたします

 

 

命門は生命の出入口と言われており、

 

体力、免疫力の強化が期待できます💪

 

 

23腰椎棘突起の間で第2腰椎棘突起下のへこんだところ

 

(肋骨の一番下の先端と脊柱との交点)にあります

 

 

※写真及び図はイメージです。

ちょうどウエスト(一番細いところ)に両手をあて、背骨と

交わるところあたりになります。

 

気血の流れを整えるともいわれており、

 

疲労回復、健康維持、アンチエイジング、精力減退、

 

冷え性、不妊・不正出血などの婦人科系疾患、

 

腹痛、下痢、腰痛、背中のこわばり、姿勢の歪み、

 

夜尿症などの泌尿器系疾患、耳鳴り、不眠などの改善が期待できます

 

 

お灸やカイロで温めると、背中のこわばりが解消され、心身ともにリセット

 

されることも期待できます❣

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、

その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

 

このページのトップへ

冷え性対策のお灸&ヨガ講座 大阪都島の鍼灸院&ヨガ教室

投稿日:

冷え症対策の【温活ぽかぽか灸&温活ヨガ】講座を

大阪の都島にあるHanae yoga studioで開催しました 
 
今回は

冷えのタイプを診断するテストをして

ご自身の冷えがどこからきているのかを知り

タイプ別のツボの位置を覚えていただき

ご自宅でもお灸ができるようになっていただけました

お灸の後にするヨガは、体が温まっているので

ポーズがとりやすくなります

Hanae先生のヨガはわかりやすく、丁寧なので

ヨガが初めての方でも、ポーズを          楽々とこなされています

次回の【温活ぽかぽか灸&温活ヨガ】は

1月27日(土)19:00~

毎回好評で、キャンセル待ちになってしまうので

お早目にご予約くださいませ

ご予約は

宇都宮鍼灸良導絡院 0669784917

https://utsunomiya-shinkyu.jp/

Hanae yoga studio

https://www.hanae-yoga.com/ 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。


このページのトップへ

二人目不妊・クロミッドの副作用ありましたが妊娠≪不妊鍼灸・不育鍼灸≫

投稿日:

寝屋川市からお越しのKさん(35歳)が妊娠されました。

 

Kさんはお二人目不妊で、20179月に初めて宇都宮鍼灸良導絡院にお越しくださいました。

他の鍼灸院に不妊治療で通われていたそうですが、なかなか結果に繋がらず、当鍼灸院に転院してこられました。

 

お一人目は人工授精で授かってらっしゃいます。

 

お二人目で

タイミング療法×6回

人工受精×4回

をされていました。

体外受精へのステップアップは、ご主人が前向きではなかったため、人工受精で治療を続けることになりました。

 

Kさんは排卵誘発剤の副作用による子宮内膜の薄さが目立っていましたので、

子宮への血流をあげるためレーザー(スーパーライザー)をあてていきました。

 

当鍼灸院での施術は、妊娠の可能性があるかないかで、治療内容は変わります。

 

可能性がある場合、身体を副交感神経優位にさせるため、刺激が弱めの内容になります。

可能性がない場合、卵巣や子宮への血流を促すよう、低周波療法を使ったり、レーザー療法をプラスしたりします。

 

Kさんは「鍼灸で生殖機能を整えたい」とのことで、

2ヶ月間タイミングもとらず、お休みされました。

 

ですので、2ヶ月間鍼灸施術の刺激をしっかり当てることができました。

 

その結果、お休み明けの人工受精でお見事!陽性反応が確認できました!

 

ご本人も「2ヶ月間休んで良かったです」とお喜びいただきました。

 

足の冷えやむくみの強いお身体でしたので、ご自宅でもお灸など、色々と温活をされていたのも結果に繋がったのだと思います。

 

妊娠中も、冷えは大敵です。

引き続き、体調管理にお越しいただいております。

 

 

↓Kさんのお喜びの声を掲載させていただきます。

 

 

 

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

 

不妊治療のための体質改善

 

□鍼灸以外で妊娠(陽性反応)された方法に○をつけてください

 

人工受精6回目

 

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

 

他院に通っていましたが、中々結果が出なかったため、宇都宮鍼灸良導絡院さんへ転院しましたところ、すぐに陽性の判定をいただくことができました。

生殖機能だけでなく全身の治療を受ける事ができるので今回の様な結果につながったと思います。

治療の変化としては、今まで薄かった内膜が厚くなった事、卵子の成長が早く大きくなっていました。

又、頑固な下肢の浮腫が良くなっていることには驚きました。

先生方も皆優しく知識も豊富で安心して施術を受けることができました。

 

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

 

鍼灸は妊娠にとても良いと思います。

リラックスもできますので、ぜひ通われてみてください。

 

 

 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

意外と多い二人目不妊「続発性不妊」【不妊鍼灸・不育鍼灸】

投稿日:

 

一度も妊娠経験がない方を原発性不妊と言い、

一度は妊娠経験がある方を続発性不妊と言います。

 

 

宇都宮鍼灸良導絡院へは、お二人目不妊で通われる方が多くいらっしゃいます。

 

 

お一人目を自然妊娠で授かり、子育てに余裕が出た頃に「もうそろそろ」と妊活をスタートしてもなかなか妊娠しないケースがとても多いのです。

 

お一人めは自然に妊娠し出産まで出来ていますので、ご夫婦ともに大きな問題はないはずです。

 

では、なぜ二人目不妊になってしまうのでしょうか。

 

例えば、

出産後にホルモンのバランスが変化することで、生理不順や無排卵を引き起こしてしまうことがあります。

また、子宮内膜症を発症したり、

クラミジアなどの感染症に感染していたりすることでも、

二人目不妊の要因になります。

 

 

そして今、問題視されているのが、女性の晩婚化です。

 

耳の痛いお話ですが、

女性は年齢があがるごとに、卵子の数と質が低下してしまいます。

35歳をすぎるとその低下の速度は加速しはじめます。

 

そして、下記のような症状がおこりやすくなります。

 

・卵管の狭窄や閉塞

・卵子が育たない、排卵しない

・子宮内腔や子宮内膜の異常

・卵巣の機能低下や卵子の質の低下

 

この他、子育ての忙しさから性交渉の回数が減少することも原因のひとつです。

 

 

一般的に30代後半から妊娠率は大きく下がると言われています。

受精卵の染色体異常が増し、流産の確率があがってしまいます。

男性も加齢により精子の数や質の低下がみられ、不妊の原因となります。

 

 

不妊治療は、検査で原因を見つけることがとても大事であり、最優先されます。

原因の特定によって、不妊治療の内容が変わります。

 

お一人目が自然妊娠で授かったから、とのんびりかまえていると、

治療が遅れてしまい、ますます妊娠の機会を逃してしまうかもしれません。

 

お一人目の出産直後から「体調管理と二人目を」と、不妊鍼灸にお越しくださる方もいらっしゃいます。

 

 

お悩みの方は、一度是非、不妊鍼灸を受けにお越しください。

 

お身体のことで、気になることがある場合は、クリニックで検査を受けることをおすすめいたします。

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

このページのトップへ

慢性子宮内膜炎・子宮収縮ありましたが妊娠≪不妊鍼灸・不育鍼灸≫

投稿日:

北区からお越しのRさん(41歳)が妊娠されました。

 

Rさんは20178月に宇都宮鍼灸良導絡院にお越しいただきました。

それまでに、

タイミング療法×2回

人工受精×1回

体外受精×1回

胚移植×1回

 

で、

宇都宮鍼灸良導絡院にお越しいただいたのは、

初めての移植をしてから1週間後の、まだ判定が出る前の日でした。

 

不妊鍼灸を、他院にて経験されていましたので、鍼灸の知識や効果についてもよく御存じでした。

移植後は、刺激を弱めて、身体を副交感神経優位に傾ける鍼灸施術になります。

 

残念ながら、その移植では陰性でしたが、

次の移植に向けて、色々と検査を追加しました。

 

その中で、

慢性子宮内膜炎

子宮収縮

甲状腺の異常

などが認められ、それぞれお薬で処置をされています。

 

鍼灸では、不妊治療によるお身体のストレスをとるように心がけながら、

移植前は子宮内膜の血流をあげるための鍼灸とレーザー療法を追加し、

移植後には、特に身体をリラックスさせる施術に努めました。

 

その結果、

201712月に受けた凍結胚盤胞移植で、

お見事、陽性反応が確認できました!

 

現在53dに入り、胎のうも確認できました。

 

Rさん!本当におめでとうございます!

 

安心安全な妊婦生活がおくれるよう、

また体調管理にお越しくださいませ。

 

Rさんのお喜びの声を掲載いたします。

 

 

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

 

不妊治療と並行して妊娠を目指すため

 

□鍼灸以外で妊娠(陽性反応)された方法に○をつけてください

 

体外受精

4BBの胚盤胞を移植

 

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

 

肩こり、首が段々と楽になってきました。

スタッフの方々は、みんなアットホームな雰囲気で気軽に通うことが出来ました。

ちょっとした不妊に対しての悩みも聞いてくれたり、情報を教えてもらうことが出来たので良かったです。

 

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

 

不妊で悩まれているのであれば少しでも妊娠力アップのために

並行して通われてみても良いかと思います。

 

 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP