不妊症~こんな症状でお悩みではないですか?

【自然妊娠】

「なかなか妊娠しないけど、自然の力で妊娠したい」

妊娠率をあげるタイミングの取り方(←こちらの記事をご参考ください)

肥満と痩せと不妊の関係②不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】

【妊娠可能な時期と性交回数】
毎日:      妊娠率 37%
一日おき:    妊娠率 33%
排卵期間に1回: 妊娠率 15%

妊娠可能な時期とは、排卵5日前から排卵当日まで。
妊娠の可能性が最も高まるのは、排卵の1~2日前です。

 自然妊娠を望まれていてもなかなか妊娠しない場合、以下の影響を受けている
 可能性があります。

【卵子】

・年齢によるもの
・喫煙
・精神的ストレス
・肥満
・やせ

【精子】

・喫煙

【卵管】

・性感染症
・子宮内膜症

 

まず、よく間違われているのが、加齢と老化の違いです。加齢は年齢を重ねることです。
老化は加齢による生理機能の低下のことを言い、これは個人差があります。
加齢により妊娠率は低下し、流産率はあがります。また加齢にともなう卵子の老化現象は
避けることができません。
卵子の若返りはできませんが、老化の速度を遅らせることは可能だと考えます。
全身の不調を鍼灸で整えて規則正しい生活と食生活を心がけてください。

妊娠を望まれている方の喫煙は、エストロゲンの分泌が抑制されてしまいます。また
卵子の遺伝子異常をひきおこしたり、早発閉経になるリスクが2倍あります。

精神的ストレスによる不妊の原因~こちらをご参考ください

ストレスが不妊の原因といわれる理由【不妊鍼灸・不育鍼灸】

肥満とやせによる不妊の原因はこちらをご参考ください

肥満と痩せが不妊になる①不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】妊活

肥満と痩せと不妊の関係②不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】

 

【原因不明の不妊】

「検査では問題ないけど、妊娠しない原因がわからない」

原因不明の不妊★不妊骨盤矯正【不妊鍼灸・不育鍼灸】

「原因不明の不妊に鍼灸は効果がありますか」とお問合せをよくいただきます。

不妊の原因かもしれない因子

大別すると
◇卵巣因子
◇卵管因子
◇子宮因子
◇男性因子
◇免疫因子

・卵胞発育不全
・排卵障害
・卵管の通過性の低下
・黄体機能の低下
・着床障害
・頸管因子
・精子や受精卵の移送の問題
・年齢による卵巣予備脳の低下
・検査ではみつかりにくい軽微の疾患

など多様です。

原因不明の不妊で考えらえるのは、病院では精査できない過程に原因があることがあります。その中に不定愁訴(体調不良)なども含まれます。
不定愁訴は鍼灸が得意とするところです。

不妊の検査は一通り済まされて、何も原因が見つからないという方、
不妊鍼灸は不妊の原因をなくす施術ではなく、妊娠しやすい身体つくりが目標です。

原因がわからないということは、器質的(内臓や神経、筋肉、器官といった各組織において病理的・解剖的な異常が生じた事により引き起こされる疾患)に大きな問題はないという事なので、考え方を変えると、悪い結果ではないのではないでしょうか。

原因不明の不妊の方には、不定愁訴や生活習慣を改善し、ストレスを軽減すると
生殖能力があがって妊娠される例は多くあります。

また、骨盤が歪んでいて、卵巣や子宮につながる血管や神経が圧迫されて血流が悪くなって
いる場合もあります。
原因不明だから、何もする手立てがないというわけではなく、まずは、身体の改善も大切です。

体質の改善は鍼灸が得意とするところなので、一度鍼灸を受けていただくことをお勧めします。骨盤の歪みが気になる方は、骨盤矯正もお勧めです。

骨盤矯正はこちらをご参考ください
https://kodakara-seikotsu.com/kotsuban2.php

【高温期が続かない】

基礎体温表が正常でない時に考えられる事
・低温期が長く高温期が短い⇒黄体機能不全の可能性がある
・低温期が短く高温期が長い⇒卵子が未成熟の可能性がある
・低温期と高温期の差がない⇒無排卵の可能性がある

基礎体温をつけている上記のような事がと考えられることもありますが、
最近基礎体温を記録する意義はなくなりつつあります。

なぜなら黄体機能不全や排卵に関することは基礎体温をつけていなくてもわかるからです。
ですが、自分の身体の状態を知るには有意義だと思われます。

【なんでも高齢だからと片付けられる】
【刺激をしても卵子が育たない】
【採卵しても空胞が続く】
【卵子のグレードが悪い】
【卵胞の育ちが遅い】

この4つに共通していることは、卵子の老化です。

高齢と老化は違います。高齢とは加齢とも言い換えることができは年齢を重ねることです。
老化は加齢による生理機能の低下のことを言い、これは個人差があります。
加齢により妊娠率は低下し、流産率はあがります。また加齢にともなう卵子の老化現象は
避けることができません。

卵の残数はAMHで知ることができますが、AMHはホルモン剤投与の影響を受けてくれません。
排卵する前の胞状卵胞はFSHに依存します。鍼灸はFSH依存期間の卵胞の質の低下を防ぐことに力を発揮してくれることがあり、鍼灸をとりいれることにより、質の良い卵を採卵することができると考えられます。

【内膜がどんどん薄くなる】

クリニックでは、8㎜以上の内膜があれば妊娠には問題ないと言われることが多いのですが、
やはり内膜は10㎜以上が望ましいとされています。

排卵誘発の目的で使用されるクロミッドは、子宮内膜を薄くしてしまう副作用があると言われています。ただすべての方にではありません。

また、大豆製品が内膜を薄くするとも言われています。

子宮内膜は毛細血管が豊富です。内膜が厚いフカフカベッドを作るには
血流が大切です。

クリニックでは、子宮内膜を厚くするために、バイアグラを経腟的に投与したり、低用量のアスピリンを投与したり、エストロゲン製剤を使用して内膜を厚くすることは
可能なのですが、薬づけになっているのがツライとのお声も多くいただきます。

鍼灸は血流に働きかけて内膜を厚くするお手伝いができます。
また、レーザー治療も血流をよくするために活躍してくれます。

【着床しないのは染色体も問題と言われる】

卵子の質の低下は、染色体異常の発生や妊娠後の流産に関係します。
また染色体異常によるダウン症などの発生率に関係します。
これらは、加齢とともに増加します。
鍼灸は卵子の数は増やせませんが、質の低下に抗い、良好な卵子を採卵する強い味方です。
クリニックとの併用でさらに、卵子のグレードが上がることがあります。

【妊活をすることがつらい】

【どこの病院を選べばいいかわからない】

【2人目がなかなかできない】

2人目妊娠については、こちらをご覧ください

 

妊娠のお喜びの声はこちらをご覧ください
https://utsunomiya-shinkyu.jp/category/voice/%e5%a6%8a%e5%a8%a0/

※免責事項:すべての方にあてはまるものではありません


〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP