治療院ブログ

不妊と睡眠の関係

投稿日:

睡眠の質と不妊

睡眠と不妊の関係は必ずしも深い関係であるとは言い切れませんが、

ご夫婦で早く寝ることは、プラス効果はあってもマイナスに働くことはありません。

睡眠が不妊に影響

睡眠の質と量が

・性ホルモン

・精子の産生

・排卵

・免疫因子

・ストレス

・疲労

等に少なからず影響しています。

鍼灸で睡眠の質を良くする

7~8時間のしっかりとした眠りが推奨されていますが、70%以上の方が

充分な睡眠をとっていません。

睡眠は生活の質はもちろんですが、妊活に関する身体つくりに不可欠です。

鍼灸は、安眠に効果のあるツボがあり、鍼をすることで深い眠りにつくことが

できる副作用のない方法です。

男性不妊に影響する不眠

男性のテストステロンは夜間に産生し、20~30%増加すると言われています。

良質な睡眠はテストステロンを適正に保つために重要です。

睡眠不足が影響するストレスと不安

不安やストレスは睡眠不足が慢性化すると増加すると言われています。

睡眠不足をなくすと、感情的・生理学的に引き起こされるストレスは元にもどります。

長時間起きていると、ストレスに関係するメカニズムの活性をもたらしてしまいます。

ストレスを感知する脳は、ホルモンを出す脳と近くにあるため不妊にも影響を及ぼしてしまいます。

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)