治療院ブログ

男性にもある抗精子抗体(自己抗体)【不妊鍼灸・不育鍼灸】

投稿日:

男性にもある抗精子抗体(自己抗体)

 

 

抗精子抗体とは、男性の精子を異物とみなして、抗体で攻撃してしまう症状です。

 

女性特有の症状と思われがちですが、

抗精子抗体は男性にもあるのです。

 

 

本来、男性の体内の血液と精子は通常は直接触れ合うことはないのですが

 

精巣や精管の炎症や、外陰部の打撲などの外傷により

 

精子が血液中に入ってしまうと、これまで触れ合ったことのない精子を外敵と認識してしまい抗体ができる場合があると考えられています。

 

 

そして、抗精子抗体が精子の尾部に結合すると精子の運動機能に影響を及ぼし、精子の頭部に結合すると精子の受精能力に影響を及ぼし不妊の原因になってしまうこともあります。

 

 

ですが、抗精子抗体は血液検査や精液検査によって調べることが可能です。

 

 

抗精子抗体の数値は変動しやすく、抗体が少ないタイミングで自然妊娠も可能な場合もあります。

又、抗精子抗体の検査が陰性であっても後に抗体が増えてしまうこともあります。

自然妊娠や人工授精が難しい場合でも体外受精や顕微授精により妊娠が可能になる場合もあります

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP