治療院ブログ

顕微授精 アンタゴニスト法 胚盤胞移植で妊娠 不妊鍼灸・不育鍼灸

投稿日:

城東区からお越しのSさん(29歳)が妊娠されました。

 

1年間の不妊期間 乏精子症と顕微授精

Sさんが初めて宇都宮鍼灸良導絡院にお越しになったのは201812月です。

それまでに1年間の不妊期間がありました。

タイミング療法を半年間、

人工受精を1回

されていましたが、良い結果には恵まれていませんでした。

Sさんご本人は特に目立った異常は見つかっていませんでした。

以前に子宮筋腫が見つかっていましたが、すでに切除済でした。

 

Sさんご主人は重度の乏精子症との診断を受けていました。

そのため、

体外受精ではなく顕微授精を選択されていました。

 

 

移植に向けて週に一度の不妊鍼灸

すでに顕微授精を一度受けていて、

顕微授精の結果は4つの胚盤胞を凍結することができていました。

そのうち良いグレードのものから移植することが決まっていました。

 

鍼灸では、移植に向けての週に一度の施術がはじまりました。

また、翌月での移植がすでに決まっていましたので、

積極的にアプローチしていくため、

鍼灸に併せてスーパーライザー(レーザー療法)もお受けいただきました。

 

移植に向けての鍼灸の目的は、

子宮内膜を着床しやすい環境に整えることです。

子宮への血流を促し、酸素や栄養素をしっかり送り届けることで、

フカフカで厚みのある子宮内膜を整えることができます。

 

 

2度めの胚移植で陽性反応

20191月に初めての移植を受けられましたが、

残念ながら着床には至りませんでした。

そして、引き続き2月に2度めの移植を受けられ、

この度、陽性反応が確認できました(^^)/

Sさん!本当におめでとうございます!

Sさんは首こり肩こりがとても強い方ですので、

快適なマタニティ生活を過ごすためにも、

安全に血流をあげてくれるマタニティ鍼灸をおすすめしています(^^)/

 

鍼灸は免疫をあげてくれる効果も報告されていますので、

免疫力が落ちやすい妊婦さんのお体のケアにおすすめです。

 

 

Sさんご懐妊お喜びの声

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

 

体外授精の移植にむけて体調を整えたかった

 

□鍼灸以外で妊娠(陽性反応)された方法に〇をつけてください

 

顕微授精

アンタゴニスト法

胚盤胞移植2回目

 

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

 

元々、首こり、肩こりがとてもひどかったので、

治療をしていただくことで、とても改善されたように思います。

 

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

 

体のコリなどに悩まされていて、血流にも自信がなかった私には、

鍼がとてもあっていたように思います。

 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

 

 

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

男女の不妊 万能ツボ「関元」(2018.12.26

 

二度目の胚盤胞移植で妊娠 29歳 (2019.2.5

 

子宮内膜10mmが14mmに 胚移植で妊娠 28歳 (2018.11.27

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP