治療院ブログ

流産を防ぐには 不妊鍼灸・不育鍼灸

投稿日:

【流産を防ぐには】

 

 やっとの思いで妊娠したのに、流産をしてしまう…。防げるものなら防ぎたいですね。

 

 初期流産の原因

 

 妊娠10週位までの初期流産の原因は、大多数は胎児の異常(染色体)や奇形によるものだと言われています。

 

 この場合は、もともと発育する力がないので防ぐ事ができません。

 

 その他にも子宮発育不全、子宮奇形、子宮筋腫など母体の原因もあります。

 

 また、ひどい下痢や、激しいスポーツ、精神的ショックも流産の原因になりますので注意をしてください。

 

 流産の徴候

 

 出血や下腹部痛があれば、横になって安静にして早めにクリニックを受診してください。

 

 体の中も外も冷やさないように気をつけて、温かい食べ物を食すようにしてください。

 

 

 流産を防ぐ食事

 

 中国の言い伝えによる安胎作用がある食品

 

 ・黒豆~タンパク質、ビタミンB群、利尿作用

 ・スズキ~胎児を丈夫にし流産を予防します

 ・キクラゲ~タンパク質、カルシウムが豊富

 

 つわり中の食事

 

 つわりは程度の差が大きいですが、食事がとりにくくなる時期ですので

 栄養も大切ですが、食べたい(食べられる)ものを食べられるときに食べることが

 大切です。

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)