治療院ブログ

2020年12月の投稿記事

年末のご挨拶 宇都宮鍼灸良導絡院

投稿日:

年末のご挨拶

 

早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

本年も格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

 

来年もスタッフ一同、皆様にご満足頂ける施術を心がける所存でございますので

より一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

なお、誠に勝手ながら、年末年始は下記の日程で休業させていただきます。

 

年末年始休業 20201231日(木)~202114日(月)まで

 

休業中のお問い合せにつきましては、

202115日(火)以降に対応させていただきます。

 

明くる年も変わらぬご愛顧をいただけますようお願い申し上げて、

年末のご挨拶とさせていただきます。

 

宇都宮鍼灸良導絡院

代表 宇都宮泰子

スタッフ一同

 

このページのトップへ

39歳 鍼灸で妊娠しやすい身体づくり 凍結融解胚移植で妊娠

投稿日:

四条畷市からお越しのFさん(39歳)が妊娠されました。

4年の不妊期間

Fさんは4年の不妊期間の間に、人工授精6回、体外受精4回されましたがなかなか妊娠に至りませんでした。

不妊専門クリニックからは、抗体反応がつよいこと、不育症、血流が悪いと指摘がありました。

不妊専門クリニックの転院

当院にお越しになった頃は、移植を予定されておられ、3つ凍結してある受精卵をすべて戻す方法をされましたが、残念ながら陰性でした。

凍結されていた受精卵がなくなった頃、Fさんから転院の相談を受け、より良い環境での不妊治療を希望され大阪の有名な不妊専門クリニックへの転院をされました。

そして、新しいクリニックで不妊治療を始められました。

新しいクリニックでは、1度の人工授精を経て採卵を行い8個採れた卵子から初期胚1個・胚盤胞4個を凍結保存されました。

そして、過去の移植の結果を考慮しERA(着床の窓)検査を行うことになりました。

鍼灸で卵子の質を良くする

みなさんは「着床の窓」をご存じでしょうか。

子宮内膜が受精卵を受け入れるにはある一定の限られた時期があり、この子宮内膜側の時期のことを「着床の窓」と呼びます。

体外受精で胚移植をされる方は、この「着床の窓」と胚移植の時期がズレてしまうことがあり、女性の10人に3人はズレていると言われています。

(※自然妊娠の方は「着床の窓」を気にする必要はありません。)

然るべき時期に移植しないと、着床率がガクンと落ちてしまうのです。

それは、受精卵のグレードがどんなに良くても、子宮内膜の厚さが十二分にあってもです。

「受精卵の質と内膜の厚ささえ整っていれば、万全!」と思っていた方にとっては驚きの事実ですね。

やっかいなのが、この「着床の窓」は単純計算できるものではなく、子宮内膜の遺伝子レベルでの環境が関わってくるので、個人差があるという点です。

通常この時期は3~4日間あると言われていますが、不妊症や高齢の方になってくると1~2日間とかなり短くなりがちだそうです。

受精卵にも子宮内膜にも異常はないのに、何度チャレンジしても着床が成立されない方は、胚移植をしたときにはすでに着床の窓が閉じていたということかもしれません。

不妊治療の中でも「着床」はまだまだ未知の世界で、医学が高度になっても着床だけはいまだ未解明な点が多いのです。

日々進化している高度生殖医療において、今現在も、研究が進められている分野です。

不育症の検査を含め様々な検査に異常が見られず、数回に及ぶさまざまなパターンの移植を試された方で、それでも妊娠継続が難しいという場合は、「着床の窓」について医師と相談されるのも一つの選択肢かもしれません。

ただ、その前に、ここでお伝えしたいことは、 そもそもの卵子に力があれば、多少の「着床の窓」と移植時期とのズレがあったとしても妊娠することはできる!ということです。

卵子に生命力を与えることに関して、鍼灸治療は有効です。

このことに関してはアメリカ研究チームがエビデンス(研究結果)として明確にしています。

「卵子の質をあげましょう!」

宇都宮鍼灸良導絡院ではエビデンスに基づく手法を用いた鍼灸治療と、 レーザー治療器(スーパーライザーPX)を使って細胞活性化を図り、卵子の質をあげていきます。

あなたに合った治療方法をアドバイスさせていただきます。

SEET法で見事妊娠

Fさんは3週間後ERA検査の結果が-1.0日と分かり、翌日移植されるも陰性。 受精卵の異常の可能性があるため着床前診断をされ、検査に伴う夫婦染色体検査は問題なしと分かりました。

着床前診断を行った胚盤胞3つ中2つ正常で問題ないと分かり、予定していた2段階移植をやめてSEET液を戻し、2日後に良好な胚盤胞を戻す方法に切り替えました。

その後陽性反応が無事確認でき、現在もマタニティ鍼灸でつわりや腰痛などケアさせていただき、お腹の赤ちゃんも順調に育っています。

Fさん、この度は誠におめでとうございます!

妊活で順調な時もそうでない時も地道に着実に頑張られていたFさんから沢山勉強させていただきました。

Fさんの妊活にサポートすることができ光栄に思います。

今後も安心なマタニティ生活を送れるようサポートしますので、宜しくお願い致します。

患者さま妊娠のお喜びの声

□お悩みの症状またはご来院当初の目的をお聞かせください

不妊治療を始めて2年が経っても全く陽性反応が出ず、不育症の疑いがあると診断され、その治療を伴っての体外受精でも妊娠反応が出ず、自分自身で何とか出来ることがあれば。と体質改善のため。

□鍼灸以外で妊娠(陽性反応)された方法に〇をつけてください

顕微授精、SEET法、凍結融解胚移植、着床前診断(胚精密検査)、着床の窓(-1.0日)

□ご自身で「これは良かった!」と思われた妊活があればお教えください。

レーザー、半身浴、サプリメント

□治療を受けていただいた感想をお聞かせください

冷え性や肩こり、便秘、足のむくみなどにも悩んでいたのですが、鍼灸をしていただく度に便秘がなくなり、肩こりもしにくくなり血流が良くなっているのを実感しました。

冷え性や足のむくみにも悩まされる事があまりなくなりました。

先生方もみなさんいつも明るく優しくて話しやすく、妊活の悩みや相談にもたくさんのって頂き、妊活の情報もたくさん教えて頂き、妊活に前向きに取り組む事が出来ました。

本当にありがとうございました

□同じように悩まれている方へアドバイスやメッセージがあればお願いいたします

お風呂には必ず毎日湯船につかり半身浴でしっかり温まるようにしていました。

サプリは葉酸、ビタミンD、ラクトフェリンを飲んでいます。

こちらに通うまではあまりまわりの人と妊活の話をしたり聞いたりする機会もありませんでしたが、先生方がたくさん話を聞いて下さり、また色々な情報を教えて頂いて、いつも心も体もリラックスして過ごせました。

今回の胚移植の際には、当日の胚移植直前、直後、さらに2日後にも鍼灸をして頂き、それも良かったのだと思っています。

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

宇都宮鍼灸良導絡院

↓ ↓ 下記の記事もご覧ください ↓ ↓

【着床の窓】着床障害・着床不全

抗精子抗体でしたが融解胚盤胞移植で妊娠 38歳 (2018.3.28

AMH0.6 鍼灸開始後初めての移植で妊娠 39歳 (2019.2.20

妊活・不妊鍼灸のことなら大阪都島の宇都宮鍼灸良導絡院へ。土日祝も営業。平日21時まで営業。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)