治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】橋本病で血栓、子宮内膜炎、隠れ内膜症がありましたが妊娠されました

投稿日:

橋本病で血栓、子宮内膜炎、隠れ内膜症がありましたが妊娠されました

 

今年の2月からお越し下さっている東成区のKさん(37歳)が妊娠されました。

7週目だそうです。

 

Kさんは、タイミング3回、人工受精3回 顕微授精3回をされた後

当院に来られました。

 

Kさんは、2段階移植で初期胚をひとつと胚盤胞を2つの3つ戻されての妊娠です。

 

橋本病で、薬で安定されていましたが内膜が薄く、当院に来られてから

すぐの胚移植は良い結果が得られませんでした。

 

そして、クリニックを転院され「隠れ内膜症」と「子宮内膜炎」があるとわかり

銅と亜鉛のバランスが悪く、また血栓ができやすい体質とも診断されたそうです。

 

血栓症は血管の中に血塊ができて、臓器(子宮など)への血の流れが行かなくなってしまう可能性が

あり、妊娠しにくい原因のひとつであります。

 

また隠れ内膜症は、お腹を開いてみないとわからないというもので、

子宮内膜炎も子宮内膜が炎症を起こす症状で、どちらも着床しにくいと症状です。

 

クリニックを転院され、着床しない要因がある程度分かったので、鍼灸もこれらの症状にある程度合わせる

事ができ、今回の妊娠につながったのだと思います。

 

Kさん、おめでとうございます。

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP