治療院ブログ

不妊

不妊鍼灸・不育鍼灸☆彡41歳生理がこない

投稿日:

41歳 月経がこない

 

 

当院にお越しいただいたAさん(41歳)の方が

 

「月経が3ヶ月ないので鍼灸で生理不順を整えてほしい」との

ことで来院されました。

生理不順は鍼灸治療の得意とするところです。

 

Aさんは、40歳の時にご結婚されて

もともと生理不順だったけど、今まで特に気にはしていなかったそうですが

タイミングをとっても妊娠せず、

生理不順を整えてほしいとのことでした。

 

 

月経不順は鍼灸で対応できる症状ですが、

まだ一度も婦人科のクリニックに行ったことが

ないとのことでしたので、

早期閉経や排卵障害、無月経も疑われますし

一通りの検査をされることを

お勧めしました。

 

Aさんは、そんな深刻なことだと思っておらず

こんなものだと思っていて、友人とそういう話をされたこともなく

ネットで検索をして

情報収集もされたことがなかったそうです。

 

 

「生理がこない」という方へ

 

正常な月経周期は

25日~38日です。

 

頻発月経 25日以下

希発月経 38日以上

無月経  3ヶ月以上

 

月経期間 3日~7日

 

という基準があります。

 

時々、正常な月経周期から逸脱することは

あるかもしれませんが、特に高齢で上記に常に該当される方は

鍼灸治療と併せて、一度クリニックの受診をお勧めします。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

不妊鍼灸・不育鍼灸☆彡不妊治療中の花粉対策

投稿日:

妊活中の花粉症に鍼灸治療

 

早い方は、2月のこの時期には症状が出ていらっしゃいます。

薬は、花粉の症状が出る前に服用しないと効果がないそうです。

 

鼻をズルズルされている方や、問診の時に花粉症と伺うと、「花粉症にも鍼が効きますよ」

 

とお話すると、大抵の方はびっくりされます。

 

不妊治療中は、薬を飲むのを避けられる方が多いので、辛い症状を我慢されるようです。

 

 

当院にお越し下さっている患者さまの3人に一人くらいの割合で、花粉症の症状をお持ちです。

 

大体の方は薬を飲んで、症状を抑えていらっしゃいますが、鍼で治るなら治してほしいとおっしゃいます。

 

そして、花粉症の方に鍼を施すと、鼻づまりや鼻みずがすぐに止まるのでびっくりされます。

 

その他の花粉症に伴う、目のかゆみ、目の疲れ、頭重感などもスッキリします。

 

1度で永久的に治癒するわけではありませんが、かなりの効果が期待できます。

 

お薬を服用したくない方や、薬の服用が出来ない方も一度鍼灸を試される事をお勧めします。

 

続ける事で、花粉症の体質も改善されていきます。

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】鍼灸で房事過多を補う

投稿日:

【鍼灸で房事過多を補う】

 

房事過多についてはこちらの記事をご覧ください

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】房事過多ってどれくらい?

  

房事の時に消耗する液体は、肝が蔵している血が変化したもので、血が消耗していることにもなります。

 

房事過多とは、気血が虚して(弱っている・少なくなっている)状態です。

 

気血は脾で作られますが、脾が弱っていたり、肝で血を貯蔵する力が弱く、血が少ない方は

鍼灸で補うことができます。

 

鍼灸治療・不妊治療はこちらから

http://utsunomiya-shinkyu.jp/price/

このページのトップへ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】流産後の身体の養生

投稿日:

流産後の鍼灸治療はいつからできますか?

 

初期の稽留流産をしました。

これで2度目なので、体質を改善したいと思います。

搔爬手術をした後、そちらに通いたいと考えていますが、

鍼灸はいつからできますか?

 

というメールでのお問合せをいただきましたので、お答えします。

 

初期の流産は23週間もしくは1ヶ月後あたりに月経が再開します。

身体が回復するには、23ヶ月かかると思われますが、

次の妊娠に向けての身体作りをすることは可能です。

搔爬手術の方法によりますが、手術の直後は下腹部が痛んだり、出血も

みられます。その間は鍼灸治療も控えた方がよろしいかと思います。

子宮内に残存していたり、感染症になったりして出血が止まらない、痛みが続いている

熱がある場合は病院で処置をしていただき、鍼灸治療は控えていただいています。

 

わからない点がございましたら、お電話いただけると幸いです。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

 

 

このページのトップへ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】不妊治療がつらい

投稿日:

つらい不妊治療をやめます

 

奈良からお越しのKさん(44歳)からメールをいただきました。

 

採卵しても良い卵がとれず、薬の副作用や仕事を休むプレッシャーで

不妊治療がつらくて、いつも悩まれていたKさん。

採卵しても空胞だったり、とれても分割しないことも多くなり、久しぶりに胚盤胞まで育った3AAの卵をシート法で戻されましたが、着床されませんでした。

 

 

先生、こんにちは。

やはり今回も着床はしませんでした。

これで、治療をやめようと思います。

不妊治療がつらくて、続けたらいいのか諦めてやめた方がいいのか悩んでいた時に、

先生に

「やめ時って、ふっと訪れてもうこれ以上は無理かなぁって自然に思える時がくるから、

 それまで頑張ったら?でないと後悔するよ」とみたいな事を言われて

そんな時が来るのかなぁって思っていましたが、今はすがすがしい気分です。

お世話になりました。

治療はつらかったけど、鍼灸に通っている時は楽しかったです。

次は更年期でお世話になるかもしれません。

先生、皆さんありがとうございました。

 

 

このページのトップへ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】体外受精・胚移植後の食事

投稿日:

体外受精、胚移植後の食事で気をつけること

 

胚移植をされた後の食事で気をつけてほしいことですが、

 

夏はたくさん水分をとってしまうので、水分で胃液が薄まって、更に冷たい食べ物などで

お腹を冷やしてしまい、胃腸が疲れてしまっています。

よって、胃腸の負担(エネルギーを使わない)をかけない飲食を心がけてください。

 

・消化によいものを食べる

 →食べ物の消化は想像以上のとても大きなエネルギーが必要です。

   そのエネルギーは着床のためにとっておいてください。

・糖分を控える

 →白いお砂糖などは身体のエネルギーを作るビタミンBやミネラルを消費します。

 

普段から気をつけたいことですが、特に移植後は意識してみてください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

このページのトップへ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】お勧めの食養生

投稿日:

たんぱく質不足、ストレスが性ホルモンの不足を引き起こします!

 

タンパク質を多く含む食材

牛肉、鶏肉、アジ、サワラ、マグロの赤身、いわし、ブリ、えび、プロセズチーズ、ヨーグルト

鴨肉、トビウオ、サバ、カツオ、サンマ、ホタテ、イカ、大豆、枝豆、納豆、卵黄

豚肉、豆腐、卵白、牛乳

 

  • 毎日同じたんぱく質を摂取し続けると、アレルギーの原因になることが多いため、いわしを食べたら翌日は鶏肉を食べるなど種類を変えることをお勧めします。

 

鉄分は子宮環境を整える栄養素です!

鉄分を多く含む食材

ヘム鉄→牛肉、鶏肉、マグロ、いわし、煮干

鴨肉、カツオ、サバ

馬肉、豚肉

非ヘム鉄→小松菜、ホタテ(貝柱)

大豆

アサリ、ほうれん草、ひじき、豆腐

*鉄分の体内への吸収はヘム鉄のほうが吸収しやすく、非ヘム鉄の5~10倍も吸収されます。

 

ビタミンCは酸化されたビタミンEを再生します!

ビタミンCを多く含む食材

赤パプリカ、黄パプリカ、かぶ葉、カリフラワー

グレープフルーツ

バナナ、甘柿、キウイ、イチゴ、モロヘイヤ、ゴーヤ

 

*こまめに回数を分けて摂取することで血中濃度を保つようにすることが大切です。

 

ビタミンEは排卵の促進、ホルモンの調節などの作用があり、生理周期が一定でないかたの治療にも使われています!

 

ビタミンEを多く含む食材

アーモンド、ヘーゼルナッツ、胡桃、うなぎ、かぼちゃ、赤ピーマン、ツナ、アユ、      ハマチ

落花生、サバ、サツマイモ、銀ダラ

アボカド、モロヘイヤ、ほうれん草、キウイ、カニ、豆乳

 

ビタミンAは血中のヘモグロビンを造る働きに欠かせません!

ビタミンAを多く含む食材

牛肉、鶏レバー、アンコウ肝、ウナギ、ホタルイカ、アナゴ、ワカサギ、かぼちゃ、小松菜、ニラ、ミカン、

銀ダラ、イクラ、ニンジン、春菊、卵黄

豚肉、モロヘイヤ、ほうれん草、スイカ

 

亜鉛は女性ホルモンの作用を高めます!

 

亜鉛を多く含む食材

牛肉、ラム肉、鶏レバー、ウナギ、ホタテ(貝柱)、カマンベールチーズ、パルメサンチーズ、アーモンド、スルメ、煮干

カキ

豚肉、カニ、イイダコ、さば、あさり、煮干

 

 

 

ビタミンB が不足すると貧血を起こします!

 

ビタミンBを多く含む食材

牛肉、鶏レバー、ホタテ(貝柱)、いわし

ブロッコリー、サンマ、イクラ

アサリ、赤貝

 

赤:体を温める食材  

黒:体を温めも冷やしもしない食材

青:体を冷やす食材 

このページのトップへ

不妊鍼灸・不育鍼灸☆彡知っていますか?妊娠しやすいお腹

投稿日:

 

知っていますか?お腹にも

妊娠しづらいお腹

妊娠しやすいお腹

があることを。

 

妊娠しづらいお腹は

カチカチとした硬いお腹  

・ふにゃふにゃ、ペコペコの力のないお腹

 ・突っ張りがありひんやりとしたお腹

なんです。

 

カチカチの硬いお腹は、筋肉で鍛えられているお腹のことではありません。

瘀血や余分な脂肪で下腹部が硬直している場合をいいます。

 

妊娠しやすい人は皮膚や腹筋が弾力性に富み、つきたてのおもちのような軟らかさを持っています。

 

ようは

 

弾力があって、温かいふっくらとしたお腹が理想です。

また突っ張りがあり冷たいお腹は、特に冷えにより鼠径部が突っ張っている場合をいいます。

このようなかたく、突っ張っているお腹を「軟らかい・ふっくらしたお腹」にさせることが鍼灸のポイントになります。

 

妊娠のしやすいお腹とは、

 

下腹部全体に弾力があります。押してみると柔らかく、押されても痛みがありません。

反対に硬いおなかは妊娠しにくいと考えられます。

硬いおなかは肥満や便秘、ストレス、月経異常、子宮や卵巣の月経不良が関係しています。

 

 

ひんやりとしたお腹は虚弱体質の可能性があります。お灸や吸玉で冷えを防いで、体を温めましょう。

また「気血」を補って、体へ巡らせ、自律神経を調整して、女性ホルモンが出るように調整しましょう。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。

このページのトップへ

【不妊症・不育症:鍼灸】39歳3度目の流産

投稿日:

泰子先生

 

こんばんは。

Hです。また流産をしてしまいました。

今度は9Wでの稽留流産でした。

泰子先生のおっしゃるとおりに、胚移植後も鍼灸を受けていればよかったと後悔しています。

教えていただいた不育の病院にも行ってみます。

手術を受けて、気持ちが落ち着いたらうかがいますのでお願いいたします。

 

 

先日、このようなメールをいただきました。

 

Hさん(39歳)は、これで3度目の流産です。

当院に来られてからは2度目です。

 

卵のグレードも悪くなく、FSHやAMHなどの数値も問題はない方です。

 

前回も今回も、内膜が8ミリに届くか届かないか(掻把手術の影響もあり)の状況だったので、胚移植後も鍼灸治療を受けて、血流をあげた方が良いとお伝えしたのですが、

「家で大人しくしておいた方がいい」と言われたそうで、

鍼灸治療にはお越しになりませんでした。

 

それだけではなく、不育症があるかもしれないので、検査をお勧めしていたのですが、

3回流産してから、検査をすることになっていたそうです。

 

何度も掻把手術を受けるのは、大きな負担になります。

胚移植後に鍼灸治療をすると、着床率があがるというのは皆さんよくご存知ですが、

不育症の方にも鍼灸治療は強い味方です。

 

そのようなお悩みがある方は一度ご相談ください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

このページのトップへ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】48歳妊娠に向けての鍼灸治療

投稿日:

48歳妊娠に向けての鍼灸治療

 

「以前に体外受精などの不妊治療をしており、結果が出なかったので、一旦不妊治療を中止していましたが諦めきれず、不妊治療を再開したいと思っております。

そちらの鍼灸院で45歳の方が妊娠したという記事を読みました。

48歳で不妊の鍼灸治療をされている方はいらっしゃいますか?

先生からみて、48歳で不妊治療を再開した場合、妊娠の可能性はあると思いますか?

妊娠の可能性があるのなら何でもしたいと思っております。

治療をしていただけますか?」

 

上記のような内容のお問合せがありました。

 

当院の回答としましては・・・・。

鍼灸をご希望されていらっしゃるのなら、もちろん治療はさせていただきますし、最善は尽くしさせていただきます。

ですが、一人目不妊の48歳となると鍼灸だけで妊娠できるとは考えられません。

 

高度生殖医療を受けて、鍼灸をされるのがいいかと思いますが、一度受け入れていただける

病院を探されて、方針が決まってからご連絡をいただくようにお伝えしました。

 

それでも、やはり難しいのかなあと正直思います。

 

なぜなら

 

最近は不妊治療の助成金も年齢の上限を設けていますし、

 

体外受精の年齢別妊娠率(日本産婦人科学会)は

 

40歳の妊娠率 23.69%

41歳の妊娠率 19.77%

42歳の妊娠率 15.98%

43歳の妊娠率 12.76%

44歳の妊娠率 9.19%

45歳の妊娠率 6.62%

46歳の妊娠率 4.29%

47歳の妊娠率 2.50%

48歳の妊娠率 2.42%

49歳の妊娠率 0.00%

50歳の妊娠率 1.96%

 

とても厳しい数字です。

 

 

当院で不妊の鍼灸治療を受けられている方に40歳を過ぎても、体外受精に踏み切れない方が何人もいらっしゃいます。

 

踏みとどまる理由は各々で、わかるのですが…。

 

そのような方にも、一度採卵をして卵の状態などを確認するとか、体外受精の過程を進むと以外なところに問題があったりするので、原因がどこにあるのかを知った方が良いと、体外受精に進んでいただくように説得しています。

 

先の妊娠率にありましたように、年々妊娠率は低下します。

「時は金なり」です。

後から、あの時早く体外受精に踏み切っていればと後悔しても遅いのです。

 

当院は、年間4500人程(2014年度)の不妊の患者さまを治療しています。情報量や経験は豊富にありますので、適切なアドバイスをさせていただきます。

 

病院選びや治療で不安に思っていらっしゃる方は一度ご相談下さい。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP