治療院ブログ

東洋医学

春は筋違えをおこしやすい☆彡大阪都島の鍼灸院

投稿日:

最近、通院頂いている患者さまから

「首がまわらなくなったんです」

「腰がグキってなりました」

「寝違えをしてしまいました」

 

というお声をよく聞きます。

何気ない症状ではありますが、じつはこれ、

「春」という季節にも関係しています。

 

春は五臓のうち、「肝(かん)」と深いかかわりがあります。

 

東洋医学でいう肝は、西洋医学でいう「肝臓」の働きだけでなく、自律神経も関係します。

全身を巡る「気(エネルギー)」の働きをコントロールしているのが肝です。

また「蔵血作用」もあり、血液を貯蔵し、必要なときに供給する働きも担っています。

夜間は肝に血液が戻されているのが正常なサイクルですが、夜更かしや深酒、不眠などで、肝に血液が戻らないまま、朝を迎えると、肝の機能は衰えてしまいます。

「肝」は春の草木のようにのびのびと上に伸びていく性質がありますので、それを邪魔するようなストレスや生活習慣の乱れ、飲酒が加わると、イライラや肩こり、目の充血、憂うつ感が現れやすくなります。

 

そして肝は筋(すじ)を司っていますので、筋肉の痙攣やひきつれなどとも関係してきます。

 

イライラ、肩こり、不眠、筋違え、目の充血、ゆううつ感、自律神経の乱れ、

 

これらは、「肝」の弱りをあらわしていることが多いです。

 

宇都宮鍼灸良導絡院の不妊鍼灸は、こういった日常生活の不定愁訴に対する施術も組み入れております。

良導絡療法は、首コリ、肩こり、腰痛を得意としております。

 

ご興味のある方は一度、お問い合わせください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

当院の特長をご参考になさってください。

 

不妊治療の施術についてはこちらからクリック

 

お問合せはこちらから

 

 

 

このページのトップへ

不妊鍼灸・不育鍼灸★薬が飲めない、飲みたくない時

投稿日:

薬を飲みたいけど、

妊娠の可能性があって薬がのめない、飲みたくない時には「陰陽水」

 

この時期、

胃がむかむかしたり

お腹が痛くなったり

下痢をしたり

吐き気があったり・・・・。

でも、薬は飲みたくない!って時に

「陰陽水」

水と沸騰したお湯を半分半部混ぜたものを

飲みます。

※白湯とは違います。

一度試してみてください。

 

 

このページのトップへ

不妊鍼灸・不育鍼灸☆彡夏の養生法②

投稿日:

夏の養生法②

飲食に気をつけて夏を快適に

夏で特に気をつけないといけないのは、冷たいものです。

昔の生活は冷蔵庫がなく、井戸水が一番冷たい飲み物でした。井戸水が冷たいといっても

15℃です。これより冷たい飲み物は昔の人はとっていません。

ですが、冷蔵庫が出てきて、冷たいものが簡単に入手でき、そのまま胃へ運ばれてしまいます。

もともと、夏は胃腸が冷えているので、冷たいものが胃に入ると胃は収縮し、内臓は冷えてしまいます。

 

「冷えは万病のもと」と言われているように

冷えると血の循環が悪くなり、細胞に栄養がいかなくなります。

そうなると川のはしっこが淀んでいるように、老廃物が溜まって病気になりやすくなります。

 

夏は身体を冷やすような寒性(陰性)の食べ物が多くなりますが、

体力のない人や夏でも冷えやすい人は適度に熱性(陽性)の食べ物を意識して摂取してください。

 

※お呼ばれの席やどうしても冷たい物をとらないといけない、冷たいものしかない時は

  口の中で温めてから飲み込むようにしてみてください。

 

 

このページのトップへ

不妊鍼灸・不育鍼灸☆彡夏の養生法①

投稿日:

夏の養生法①

汗をかいて夏を快適に

 

夏は太陽が沈むと寝て、日の出とともに起きる。日中が長いけど怠ってはいけない。

適度に1日1回汗を出すように心がける。

気分的にも発散するような気持ちでいると、気が流れ血も流れる。

汗を出すことで、温度の調整もできます。

これらを上手く発散させないと、熱がこもって病気になってしまいます。

汗をかいて夏を快適に乗り切りましょう!

 

このページのトップへ

不妊鍼灸・不育鍼灸:梅雨の時期、湿気による不調

投稿日:

梅雨のこの季節は湿気が多くて不調を招きます。

 

このような梅雨の時期

「夜眠れない」

「何度も目が覚める」

「身体が疲れている」

「足がだるい」

「足がむくむ」

「腰が重だるい」

「膝が痛い」

「下痢気味」

「冷える」

 

という症状が良くあります。

 

湿気の多い時期(梅雨や台風、秋の長雨)に起こる不調は「湿邪」が一因と言われています。

 

この「湿」は、下に流れる性質があって身体の下部を犯しやすく、特に下肢やお臍から下に不調をきたします(余分な水分が上手く流れず、不調をおこしている)

 

そして、水分が身体にあると、その分身体は冷えてしまいます。

 

またそれだけではなく、身体全体の重だるさや頭痛やリウマチも「湿」が起因していることがあります。

 

「湿」による影響も大きいですが、体内からの影響もあります。

 

もともと湿をためやすい方や

冷たいもの

生もの

甘いもの

を沢山とる方にも起こりますので、なるべくこれらの物を摂取しないことが大切です。

 

さらに、湿気は汗腺をおおって、汗をでにくくすることがあります。よって身体の中心に熱がこもります。

(体表の汗がなかなかおさまらず、常にべとっとしています。)

軽い運動などで、熱を発散させ汗を流したりするのも有効です。

そして、汗をかいたらこまめにふき取ります。汗で濡れた衣服を着ていると寒邪が入ってきますので、汗対策を工夫してみてください。

このページのトップへ

不妊★ツボの探し方

投稿日:

ツボの探し方

 

セルフお灸が流行っていますが、正しくツボがとれているのかわからないと良く質問をいただきます。

 

ツボの位置や効用は、ネットで調べれば大体わかりますが、それが正しいかどうかわからないとの事です。

 

「ツボは生きている」と言われ、ツボは、図などにある位置から若干ずれていることが多いのです。

 

なので、参考にされている位置ら、自分のツボを探さないといけません。

少々、ずれていてもお灸なら大きな差はないと言われますが、施術の効きを最大限に引き出すなら

やはり、的確なツボの位置が大事になってきます。

 

専門的には、ツボの経絡上の反応などをみながら施術を進めますが・・・・割愛します。

 

簡単にツボをとらえるには、

狙っているツボの周囲を指先で軽く押さえます。

軽く押さえて痛みがあるところを(押して痛いけど気持ちのいい程度の圧痛)ツボと認識してください。

 

押さえて痛いところで、さらに痛みが強くなるなら、炎症をしているかもしれないので避けてください。

 

宇都宮鍼灸良導絡院では「妊娠しやすいお腹をつくる」お灸講座をしております。

自分に必要なツボが知りたい方はこちらに是非ご参加くださいませ。

 

このページのトップへ

良導絡療法・良導絡鍼灸☆彡湿気と身体の不調

投稿日:

湿気の多い時期の不調☆

 

台風が近くにいて、蒸し暑い毎日が続きますね。

 

この時期は患者さまから

 

「身体がどんより疲れている」

「足がだるい」

「足がむくむ」

「腰が重だるい」

「下痢気味」

「冷える」

 

という症状を良く伺います。

 

東洋医学では、湿気の多い時期(梅雨や秋の長雨)に起こる不調は「湿邪」が一因と言われています。

 

この「湿」は、下に流れる性質があって身体の下部を犯しやすく、特に下肢やお臍から下に不調をきたします(余分な水分が上手く流れず、不調をおこしている)

 

そして、水分が身体にあると、その分身体は冷えてしまいます。

 

またそれだけではなく、身体全体の重だるさや頭痛やリウマチも「湿」が起因していることがあります。

 

「湿」による影響も大きいですが、体内からの影響もあります。

 

もともと湿をためやすい方や

冷たいもの

生もの

甘いもの

を沢山とる方にも起こりますので、なるべくこれらの物を摂取しないことが大切です。

 

さらに、湿気は汗腺をおおって、汗をでにくくすることがあります。

軽い運動などで汗を流したりするのも有効です。

そして、汗をかいたらこまめにふき取ります。汗で濡れた衣服を着ていると良くないので、汗対策を工夫してみてください。

このページのトップへ

良導絡療法・良導絡鍼灸☆彡春の不調は肝原因かも

投稿日:

春になって多い症状に傾向があります。

 

・だるくて寝ても疲れがとれない

・肩こりがひどくなった

・とてもイライラする

・朝、なかなか起きられない

・不眠傾向

・目が疲れている

・目がぼやける

・めまいがする

・肌がくすんでいる

・髪の毛がぱさつく

・生理不順

 

など、他にもありますが多いのが上記のような症状です。

 

これは肝臓が弱っていることが原因で症状がでていることが多いです。

 

東洋医学では、春は肝の活動が活発になると言われています。

冬の間にためた毒素を排泄し始めます。

肝は西洋医学でいう「肝臓」ととらえてください。

 

肝の活動時期に肝をいたわらないで、酷使すると不調が長引くことになりかねません。

 

肝臓の働きで重要なのは2つ

 

ひとつは、解毒機能です。腸から吸収した栄養分はまず肝臓に入り、身体にとって不要なものをより分けて身体の外に送りだします。

 

もう一つは、腸から吸収した栄養分を作り変えて、身体が必要とするものに変化させて

全身に送りだします。

これは、肝臓が自分の身体に必要(筋肉や肌や髪や目などの器官・・・・)なものを

振り分けてくれているということです。だから肝臓が大切なのです。

 

 

 

肝臓が弱る原因は

 

・睡眠不足

・食べ過ぎ

・運動不足

・ストレス

・便秘

・薬

・アルコール

 

などです。

 

鍼灸で、肝臓を治療することはできますが、日頃の生活習慣を見直すことが大切です。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

夏の健康は脾胃にある

投稿日:

不妊症、夏に大切なのは脾胃を傷めないこと~夏の健康は脾胃にある

 

先日「内臓と不妊はどういう関係があるのですか?」と質問を受けました。

 

不妊に関係があるのは、特に脾と腎です。

 

そして、脾は脾胃というくくりで考えます。脾胃とは「胃腸」の部分と理解してください。

 

夏は、冷たいものや身体を冷やす食物が多く、知らず知らずに摂取して脾胃を傷つけてしまいます。

(皆さん、気を付けているとはおっしゃいますが、詳しくお伺いすると「ちょっと位」の積み重ねが多いです)

 

そして、冷やすものばかりではなく、甘いものや脂っこい食事も脾胃を傷つけます。

 

脾胃の機能が低下すると、体調を崩したり、夏バテや疲労、冷えなどの身体の不調がおこります。

 

「脾胃を健康に保つことが、妊娠への近道」

 

皆さんの脾胃は元気でしょうか?

 

□唇にツヤがない、または唇の色が悪い

□食事をしても、味がわかりにくい

□口臭が強くなった

□手足に倦怠感を感じる

□筋肉、特にお腹や胸あたりに力が入らない

 

上記が当てはまる方は、脾胃が傷ついている可能性が高いです。

 

この時期、暑さと湿気が身体に悪影響を及ぼします。

 

身体の中の湿気を処理する機能や気血を作る役割を担っているのが、脾胃である胃腸の働きなので、

この機能が低下すると、消化吸収の機能も低下してしまいます。

 

なぜ、脾胃を健康にすることが妊娠への近道になるのか・・・

 

妊娠するには、肝腎による「先天の精」といわれるものが生殖機能を司っていてとても重要なんですが、

この精は生まれもって持っているもので、加齢によって減っていきます。

もともと、この力が弱い人もいますし、長年の間の不養生の積み重ねで使い切ってしまっている方も多くいます。

 

この「先天の精」を補うのが「後天の精」で飲食物によって補います。

この飲食物を消化吸収し、気血を造化するのが、脾胃の役目なんです。

気血が造化できないと「血虚」という血液が少なくなった状態になります。

 

だから、脾胃が弱ると生殖機能を担っている肝腎を補うことができなくなり、

血液が少ないので、体温が低下したり、不妊の原因になる事があるんです。

 

さらに

 

「血虚」の状態は、卵子の質が悪くなったり、空胞になることがあります。そして血液が少ないので

子宮の内膜が十分な厚さにならないこともあり、経血量が少なくなることもあります。

 

夏に傷めた脾胃が秋から急に健康になるなんてことはありません。この夏の養生がとても大切なので、

胃腸を健康に保つようにしてください。

 

このページのトップへ

梅雨・湿気の多い時期の不調

投稿日:

梅雨・湿気の多い時の不調☆

 

最近、

 

「足がだるい」

「足がむくむ」

「腰が重だるい」

「下痢気味」

 

という症状を良く伺います。

 

東洋医学では、湿気の多い時期(梅雨や秋の長雨)に起こる不調は「湿邪」が一因と言われています。

 

この「湿」は、下に流れる性質があって身体の下部を犯しやすく、特に下肢やお臍から下に不調をきたします(余分な水分が上手く流れず、不調をおこしている)

 

またそれだけではなく、身体全体の重だるさや頭痛やリウマチも「湿」が起因していることがあります。

 

「湿」による影響も大きいですが、体内からの影響もあります。

 

もともと湿をためやすい方や

冷たいもの

生もの

甘いもの

を沢山とる方にも起こりますので、なるべくこれらの物を摂取しないことが大切です。

 

さらに、湿気は汗せんをおおって、汗をでにくくすることがあります。

軽い運動などで汗を流したりするのも効果的です。

そして、汗をかいたらこまめにふき取ります。汗で濡れた衣服を着ていると良くないので、汗対策を工夫してみてください。

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP