治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】体外受精で子宮外妊娠

投稿日:

体外受精で子宮外妊娠

 

2月に入って二人の方が子宮外妊娠をされました。

 

お一人の方は、生理もあったのですが、子宮外妊娠だったとの事でした。

 

もう一人の方から

 

「体外受精をして子宮外妊娠だったのですが、体外受精でも子宮外妊娠ってするんですね」とご連絡をいただきました。

 

基本的に体外受精をして胚移植をする場合、胚盤胞なら子宮外妊娠になる可能性は

かなり下がるのですが、

 

いわゆる初期胚(分割胚)を移植した場合は、子宮外妊娠のリスクはあがります。

 

なぜなら、胚盤胞は子宮に戻してもすぐに着床する状態まで、体外で培養していますが

初期胚は本来、卵管を移動している状態なので

戻しても、卵管に戻ってしまうので、子宮外妊娠が増えてしまうのです。

 

子宮外妊娠になると

・待機療法

・薬物療法

・手術療法

のいずれかの処置が必要になってしまいますので、ご連絡いただいたお二人は、これから処置をされるのでおつらいと思います。

 

早めに身体を戻して、次の妊娠にむけて一緒にがんばっていけたらと思います。

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP