治療院ブログ

不妊【不妊鍼灸・不育鍼灸】体外受精・胚移植後の食事

投稿日:

体外受精、胚移植後の食事で気をつけること

 

胚移植をされた後の食事で気をつけてほしいことですが、

 

夏はたくさん水分をとってしまうので、水分で胃液が薄まって、更に冷たい食べ物などで

お腹を冷やしてしまい、胃腸が疲れてしまっています。

よって、胃腸の負担(エネルギーを使わない)をかけない飲食を心がけてください。

 

・消化によいものを食べる

 →食べ物の消化は想像以上のとても大きなエネルギーが必要です。

   そのエネルギーは着床のためにとっておいてください。

・糖分を控える

 →白いお砂糖などは身体のエネルギーを作るビタミンBやミネラルを消費します。

 

普段から気をつけたいことですが、特に移植後は意識してみてください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP