治療院ブログ

生理痛のタイプ診断

投稿日:

生理痛 2012/9/7

 

生理痛は痛みの場所や種類で分けると次のようなタイプに分けられます。

みなさんはどのタイプでしょうか。

 

●肝腎虚損タイプ

□月経の後半、下腹部に鈍痛がある

□経血の色が暗く薄色

□量が少なくサラサラしている

□腰がだるい

□めまい、耳鳴りがある

≪ひとことアドバイス♪≫

温めたり押すと痛みが緩和します。

 

●気血虚寒タイプ

□月経期間あるいは月経後、下腹部から陰部にかけてひきつるような痛みがある

□月経遅れるケースが多く、経血量が少ない

□疲れやすい

□食欲不振

□顔面蒼白

≪ひとことアドバイス♪≫

香辛料、冷たいもの、消化しにくいものは避けましょう。

 

●気滞瘀血タイプ

□月経前あるいは月経の期間、下腹部が張って痛みがあり押すと痛みが増す

□月経量が少ない

□暗紫色の塊があり、その血の塊が出ると痛みが軽減する

□イライラし怒りっぽい

□胸が苦しい

□乳が張る

≪ひとことアドバイス♪≫

運動をし、消化しやすい食べ物を選び、少食にして胃腸と肝臓を休めましょう。

 

●湿熱下注タイプ

□月経前に下腹部やその両側を中心に痛みがある

□腰と骨盤が張って痛い

□経血の色は暗赤で量が多い

□尿の量が少ない

□口が乾く

≪ひとことアドバイス♪≫

暴飲暴食をやめて、甘いもの、油っこいもの、香辛料を控えましょう。

 

あなたはどのタイプでしたか?

自分の症状に合ったタイプを見つけて、明日は食べ物から考えていきましょう。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP