治療院ブログ

肩こり 腰痛 関節痛

頑固な肩こり、首コリに≪大阪都島の鍼灸院≫

投稿日:

当院は全国でも継承している方が少ない

良導絡療法を用いて施術をします。

良導絡療法は大変由緒ある伝統的な治療法(※後述)です。

全身的な根治療法であり、局所的な標治療法でもあります。

特に頑固な痛みにより効果を発揮すると言われています。

 

「どこに行っても治らなかった」

「痛み止めの処方をされるだけで、治療してくれなかった」

「調べても調べても原因不明と言われるだけ」

「整骨院で一時的によくなっても、すぐにぶり返していた」

 

という方が、救いを求めて良導絡療法を受けに来られます。

 

良導絡療法は、臨床経験45年、開業35年の実績をもつ院長の宇都宮英子先生が担当します。

学会の近畿ブロック理事で、永久専門師であります。

その実績は過去35年にも及びます。

患者さまの中には

「院長先生の手に触れられるだけで、もう治った気がする…」

とおっしゃられる方も少なくありません。

頑固なコリ、痛み、原因不明の症状、ストレス過多など、

長年の症状にお悩みの方は一度、良導絡療法を受けにいらしてください。

院長先生からのメッセージ、良導絡療法については、こちらからご覧ください

 

良導絡療法とは、1950年に中谷義雄先生によって創始された、電気鍼による自律神経調整療法です。

自律神経は交感神経と副交感神経とに分かれ、この自律神経のバランスの崩れは、身体に病を引き起こします。

良導絡療法は、皮膚電気抵抗を測定することで自律神経のうち「交感神経」を数値化することに成功し、以下の3つの反射を利用し、発展した鍼灸療法です。

◆内臓ー皮膚反射

内臓からの情報が中枢神経を介し、特定の皮膚に反応をあらわす

◆内臓ー体性反射

内臓からの情報が中枢神経を介し、骨格筋を収縮させる(筋性防御

◆体性ー内臓反射

皮膚への刺激で内臓機能を調整する

 

まず良導絡療法の大きな特徴は直流電気を用いるところにあります。

直流通電で、自律神経を間接的に刺激するほか、さまざまな反応が生じます。

鍼によって適切な量の組織損傷を与え、自力修復機能を働かせます。さらに直流通電はこの働きに持続効果を加えてくれます。

良導絡を7秒間くらい刺鍼することで、およそ20分間の置鍼効果があるともいわれています。

※一般的によくみられる低周波(パルス通電)とは異なります。

お問い合わせはこちらから

このページのトップへ

春は筋違えをおこしやすい☆彡大阪都島の鍼灸院

投稿日:

最近、通院頂いている患者さまから

「首がまわらなくなったんです」

「腰がグキってなりました」

「寝違えをしてしまいました」

 

というお声をよく聞きます。

何気ない症状ではありますが、じつはこれ、

「春」という季節にも関係しています。

 

春は五臓のうち、「肝(かん)」と深いかかわりがあります。

 

東洋医学でいう肝は、西洋医学でいう「肝臓」の働きだけでなく、自律神経も関係します。

全身を巡る「気(エネルギー)」の働きをコントロールしているのが肝です。

また「蔵血作用」もあり、血液を貯蔵し、必要なときに供給する働きも担っています。

夜間は肝に血液が戻されているのが正常なサイクルですが、夜更かしや深酒、不眠などで、肝に血液が戻らないまま、朝を迎えると、肝の機能は衰えてしまいます。

「肝」は春の草木のようにのびのびと上に伸びていく性質がありますので、それを邪魔するようなストレスや生活習慣の乱れ、飲酒が加わると、イライラや肩こり、目の充血、憂うつ感が現れやすくなります。

 

そして肝は筋(すじ)を司っていますので、筋肉の痙攣やひきつれなどとも関係してきます。

 

イライラ、肩こり、不眠、筋違え、目の充血、ゆううつ感、自律神経の乱れ、

 

これらは、「肝」の弱りをあらわしていることが多いです。

 

宇都宮鍼灸良導絡院の不妊鍼灸は、こういった日常生活の不定愁訴に対する施術も組み入れております。

良導絡療法は、首コリ、肩こり、腰痛を得意としております。

 

ご興味のある方は一度、お問い合わせください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

当院の特長をご参考になさってください。

 

不妊治療の施術についてはこちらからクリック

 

お問合せはこちらから

 

 

 

このページのトップへ

良導絡鍼灸・自律神経調整療法☆彡変形性膝関節症

投稿日:

 

変形性膝関節症でお越しいただいているHさん(70代)

 

以前から、変形性膝関節症で右膝に痛みがあったそうですが、おうちで物に躓いて転倒しかけた時に

 

さらに膝を痛めてしまい、お越しいただいた時には、膝に熱感と腫れがあり、歩くのも痛みがあり、

低い段差の上り下りもできない状態でした。

 

幸い、痛めた直後にご連絡をいただいたので、「すぐに冷やしてください」とお伝えできたのが

 

よかったと思います。

 

熱や腫れがあるときは、膝に鍼はできないので、その日は「巨刺:こし」という

 

治療法で、反対の左膝に治療する方法をとりました。

 

日頃、膝が痛くて運動を全くされていないので、足の筋肉全体が弱っていらっしゃいます。

 

運動してもらいたいのですが、「運動は痛いしきらい」とのことでしたので、

 

2回目の治療から、足全体の筋肉を緩める治療も加えました。

 

膝をかばうので、膝下や太もも、反対の足の筋肉がとても疲れていらっしゃいました。

 

触るだけでとても痛い状態です。

 

4回目の治療の時に、鍼灸の他に30分のオイルマッサージで筋肉をほぐしたところ、

 

今まで、マッサージを受けたことがなく、足が軽くなったと気に入っていただきました。

 

5回目の鍼治療後は、ほとんど痛みを感じない程度になっていただけましたので、

 

とても喜んで下さり、これからも痛みが増悪しないように毎週通っていただけるそうです。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP