治療院ブログ

症状別

疲れの原因は自律神経の乱れ?!

投稿日:

疲れの原因は自律神経の乱れ

 

「いつも疲れている」

「やる気がでない」

「睡眠で疲れがとれない」

 

そんな方は要注意です!

その疲れは自律神経の乱れが原因かもしれません。

 

ご自身のお体の疲労度合いを確認しましょう。

 

 

疲れには「3つの疲労」があります

 

急性疲労

・・・1晩から数日休めることで回復するもの

亜急性疲労

・・・疲れている状態が一か月以上続いているもの

慢性疲労

・・・半年以上疲労が続いている危険な状態

 

 

疲れは「5つのストレス」が原因です

 

精神的ストレス

・・・家庭や職場などでの環境や人間関係によるストレス

 

身体的ストレス

・・・運動不足や運動のしすぎ、過重労働などにより身体に負担がかかってしまうストレス

 

生理的ストレス

・・・過労、睡眠不足、栄養不足、細菌やウイルスになどによっておこるストレス

 

物理的ストレス

・・・騒音、温度、湿度、天候の変化、けがなどの外的要因からくるストレス

 

化学的ストレス

・・・食品添加物や洗剤などの化学物質、たばこや排気ガスなどの大気汚染などからくるストレス

 

 

 

この5つのストレスは、自律神経を乱します

 

自律神経が乱れると、脳へ乱れのシグナルがおくられるのですが、

その際に情報が肉体疲労に転換されてしまい、「カラダが疲れた」と誤解してしまうのだそうです。

自律神経の機能は年々低下していきます。

睡眠の質が低下しはじめた方や、何をしても慢性疲労がとれない方は、自律神経の乱れが原因かもしれません。

 

 

自律神経の乱れには、鍼灸施術がおすすめです。

 

不妊の方も、

自律神経の乱れを整え、お身体の疲労をとってあげることで、

赤ちゃんに恵まれることが多くあります。

 

 

慢性疲労や、自律神経の乱れ、不妊にお悩みの方は、

一度宇都宮鍼灸良導絡院へご相談ください。

 

スタッフ全員女性鍼灸師です。

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありません

このページのトップへ

エアコンの使い過ぎは自律神経を乱しやすい☆不妊≪不妊鍼灸・不育鍼灸≫

投稿日:

いよいよ暑さの厳しい日が続くようになりました。

朝から夜までエアコンで涼をとる方は多いと思います。

 

しかし、自分の体の力で体温調節をしなくてもエアコンが勝手に快適な温度にしてくれる環境は、実は自律神経のはたらきを低下させてしまうのです。

 

 

 

特に、お子さんのいるご家庭はエアコンの使い過ぎに注意が必要です。

自律神経は、血流や呼吸、体温調節に関係していて、わたしたちの生命活動において、大変重要な役割を担っています。

 

 

自律神経も筋肉と同じで、

鍛えなければ、どんどん衰えてしまうのです。

 

自律神経の衰えは、夏の暑さに弱く、冬の寒さに弱い体にしてしまいます。

そして尚更エアコンに頼る生活になり、悪循環をうみます。

  ※あくまで「使い過ぎ」がよくないということです。我慢のしすぎは熱中症を招きますのでお気をつけください。

大人でさえ、自律神経が衰えるのですから、子供も一緒です。

 

自律神経のはたらきが発達していない子供は、

・運動しても、汗をかけずに顔が真っ赤になるだけ

・熱中症になりやすい

・集中力の低下

・たちくらみをおこしやすくなる

このような症状が増えます。

  

エアコン以外にも、シャワーだけでなく湯船につかること、適度な運動、深い呼吸などを心がけるだけで、自律神経は整い始めます。

 

ただでさえ、現代は、ストレスにさらされている環境ですので、ご自身の体質や体調を考慮しながら、無理のない範囲で少しずつ取り入れてみてください。

  

一度乱れてしまった自律神経を元の状態に戻すには、時間がかかります。

・手先が冷える

・湯冷めしやすい

・寝付きが悪い

・集中力の低下

・イライラしやすい

・肩こり首こり

このような症状でお悩みでしたら、一度、鍼灸治療を受けにお越しくださいませ。

 

体調改善のお手伝いをさせていただきます。

 

 

※当サイトに掲載された情報については充分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、保障するものではありまん。

このページのトップへ

長年の頑固な便秘が1回の“腸もみセラピー”で改善≪不妊鍼灸・不育鍼灸≫

投稿日:

オプションメニューのひとつ【腸もみセラピー】が、ご好評をいただいております。

※不妊鍼灸と併用してお受けいただけます。

 

“腸もみセラピー”では胃や小腸・大腸の形状や筋肉を考慮した本格的な手技になっていて、腹腔臓器を働かす自律神経を調整してくれる効果があります。

 

 

皆さんご存じのようにお腹の中にある内臓の働きは人体においてとても大切です。

しかし内臓は疲れていても、痛みとしてすぐには教えてくれません。

なんらかの症状として現れてきます。

たとえば、胃もたれ、倦怠感、めまい、便秘、下痢、背中の痛み、腰痛、肩こり、イライラ、不安感などです。

 

内臓が疲れることによって現れる症状は多岐にわたります。

 

“腸もみセラピー”は内臓の血流をあげることができますので、疲れた内臓に新鮮な血液をおくり、酸素や栄養分をしっかり送り届けてくれます。

 

押したり、さすったり、なでたり、振動させたり、引きあげたり、、と手技が多様ですので、全ての刺激が心地よくリラックスしてお受けいただけます。

 

また、腹部の表裏にある腰の筋肉の緊張をとってくれる効果もありますので、筋疲労による腰痛にも効果がみられます。

 

1回およそ30分2,700円でお受け頂けますので、試す価値ありです!

※要予約です。

※施術は柔道整復師(男性スタッフ)が担当致します。

 

↓実際に施術を受けられた方のお声です。

 

「何をやってもその場しのぎにしかならなかった頑固な便秘が、たった1回の“腸もみセラピー”を受けて、そこから1ヶ月経ちますが、うそのように改善しました!」

 

「毎日、便は出ているのですが、“腸もみセラピー”を受けた次の日は、3回もお手洗いに行きました。宿便っていうやつでしょうか。びっくりしました!すごくスッキリしました!」

 

「潰瘍性大腸炎ですが、“腸もみセラピー”を受けると、痛みが和らぎます」

 

「便秘でも下痢でもないのですが、お腹をさわられると、内臓が動きだすのがよく分かります。私の頑固な首こりにも効いてるような不思議な感覚です。眠くなってきてすごくリラックスできました!」

 

 

※【免責事項】すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

頑固な肩こり、首コリに≪大阪都島の鍼灸院≫

投稿日:

当院は全国でも継承している方が少ない

良導絡療法を用いて施術をします。

良導絡療法は大変由緒ある伝統的な治療法(※後述)です。

全身的な根治療法であり、局所的な標治療法でもあります。

特に頑固な痛みにより効果を発揮すると言われています。

 

「どこに行っても治らなかった」

「痛み止めの処方をされるだけで、治療してくれなかった」

「調べても調べても原因不明と言われるだけ」

「整骨院で一時的によくなっても、すぐにぶり返していた」

 

という方が、救いを求めて良導絡療法を受けに来られます。

 

良導絡療法は、臨床経験45年、開業35年の実績をもつ院長の宇都宮英子先生が担当します。

学会の近畿ブロック理事で、永久専門師であります。

その実績は過去35年にも及びます。

患者さまの中には

「院長先生の手に触れられるだけで、もう治った気がする…」

とおっしゃられる方も少なくありません。

頑固なコリ、痛み、原因不明の症状、ストレス過多など、

長年の症状にお悩みの方は一度、良導絡療法を受けにいらしてください。

院長先生からのメッセージ、良導絡療法については、こちらからご覧ください

 

良導絡療法とは、1950年に中谷義雄先生によって創始された、電気鍼による自律神経調整療法です。

自律神経は交感神経と副交感神経とに分かれ、この自律神経のバランスの崩れは、身体に病を引き起こします。

良導絡療法は、皮膚電気抵抗を測定することで自律神経のうち「交感神経」を数値化することに成功し、以下の3つの反射を利用し、発展した鍼灸療法です。

◆内臓ー皮膚反射

内臓からの情報が中枢神経を介し、特定の皮膚に反応をあらわす

◆内臓ー体性反射

内臓からの情報が中枢神経を介し、骨格筋を収縮させる(筋性防御

◆体性ー内臓反射

皮膚への刺激で内臓機能を調整する

 

まず良導絡療法の大きな特徴は直流電気を用いるところにあります。

直流通電で、自律神経を間接的に刺激するほか、さまざまな反応が生じます。

鍼によって適切な量の組織損傷を与え、自力修復機能を働かせます。さらに直流通電はこの働きに持続効果を加えてくれます。

良導絡を7秒間くらい刺鍼することで、およそ20分間の置鍼効果があるともいわれています。

※一般的によくみられる低周波(パルス通電)とは異なります。

お問い合わせはこちらから

このページのトップへ

春は筋違えをおこしやすい☆彡大阪都島の鍼灸院

投稿日:

最近、通院頂いている患者さまから

「首がまわらなくなったんです」

「腰がグキってなりました」

「寝違えをしてしまいました」

 

というお声をよく聞きます。

何気ない症状ではありますが、じつはこれ、

「春」という季節にも関係しています。

 

春は五臓のうち、「肝(かん)」と深いかかわりがあります。

 

東洋医学でいう肝は、西洋医学でいう「肝臓」の働きだけでなく、自律神経も関係します。

全身を巡る「気(エネルギー)」の働きをコントロールしているのが肝です。

また「蔵血作用」もあり、血液を貯蔵し、必要なときに供給する働きも担っています。

夜間は肝に血液が戻されているのが正常なサイクルですが、夜更かしや深酒、不眠などで、肝に血液が戻らないまま、朝を迎えると、肝の機能は衰えてしまいます。

「肝」は春の草木のようにのびのびと上に伸びていく性質がありますので、それを邪魔するようなストレスや生活習慣の乱れ、飲酒が加わると、イライラや肩こり、目の充血、憂うつ感が現れやすくなります。

 

そして肝は筋(すじ)を司っていますので、筋肉の痙攣やひきつれなどとも関係してきます。

 

イライラ、肩こり、不眠、筋違え、目の充血、ゆううつ感、自律神経の乱れ、

 

これらは、「肝」の弱りをあらわしていることが多いです。

 

宇都宮鍼灸良導絡院の不妊鍼灸は、こういった日常生活の不定愁訴に対する施術も組み入れております。

良導絡療法は、首コリ、肩こり、腰痛を得意としております。

 

ご興味のある方は一度、お問い合わせください。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

当院の特長をご参考になさってください。

 

不妊治療の施術についてはこちらからクリック

 

お問合せはこちらから

 

 

 

このページのトップへ

良導絡療法・良導絡鍼灸☆彡春は自律神経の乱れにご用心

投稿日:

春の過ごし方でその後の1年が左右される

 

春は緑が芽吹き、動物は冬眠から目覚めます。

 

人の身体も冬から春にかけて代謝が活発になってきて、これまでに溜まった老廃物などを排出し

生まれ変わろうとする季節にあたります。

 

その為、この季節は原因がはっきりしない不調や肌荒れ、ホルモンバランスの乱れからくる諸症状が出やすくなります。

 

春以降の体調を向上させるためには、不調のたねとなっているものを身体から出してしまう必要があります。

 

春は、自律神経の乱れが生じやすい季節イライラや落ち込みなど精神が不安定になったりもします。他にも環境の変化(就職や転勤、異動など)によるストレスもあり、自律神経のバランスを崩す要因がいっぱいです。

 

何となく体調や気分がすぐれない、やる気が出ない、日中もぼーっとして眠たいといった症状があるときは、

自律神経のバランスを整えることが大切です。

 

都島にある当院は、自律神経調整療法を取り入れている鍼灸院です。

測定器で、今の自律神経の状態を知ることができ、その結果をもとに鍼療をしていきます。

 

身体の不調を感じたら、一度ご相談くださいませ。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

このページのトップへ

良導絡療法・良導絡鍼灸☆彡原因不明の体調不良は自律神経に問題がある

投稿日:

原因不明の体調不良は自律神経に問題がある

自律神経のバランスが崩れると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。

 

自律神経は消化器を動かしたり、体温調整をするなど自分の意思とは関係なく働く神経です。呼吸、循環、消化、代謝、体温調整などの働きをコントロールして、生命を維持するための重要な働きをします。

 

全身の症状としては、首や肩の凝りや痛み、頭痛、動悸、慢性的な疲労、生理不順、だるさ、めまい、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴りなど。

精神的な症状としては、イライラ、不安感、落ち込み、やる気が出ない、憂鬱、感情の起伏が激しい、焦燥感、落ち込みなどいろいろあります。

 

これらを軽視していたり、無視していると病気が突然起こったように感じますが、病気は多かれ少なかれ、前兆や前触れがあります。

早いうちに予防していれば、大きな疾患につながることを免れます。

 

またこのような症状は西洋医学では異常としてとらえないことも多いので、病院に行っても対処されないことが多いのです。

 

当院の良導絡療法は、測定器を使い自覚されない不調を知り、鍼灸をすることによって未然に大病を防ぐことができます。

 

あなたは大丈夫?自律神経バランスチェック(該当項目はいくつありますか?)

 

□首こり、肩こり、腰痛がなかなか治らない

□めまいや立ちくらみ、耳鳴りのすることが多い

□胸が締め付けられる感じやざわざわする感じがある

□動悸がしたり、息苦しくなったりする

□季節を問わず手足が冷える

□胃腸の調子が悪いことが多い

□便秘や下痢をよくする。または便秘と下痢を繰り返す

□手足がだるい

□顔だけ汗をかく、または手足だけ汗をかく

□朝起きても、疲労を感じる

□沢山寝ても寝たりない

□眠りが浅い、または怖い夢をよく見る

□風邪でもないのに咳がよく出る

□気候の変化に弱い

 

0-1個   正常範囲です

2-3個   自律神経に負担がかかっています

4-6個   自律神経失調症になりかけているかもしれません

7個以上  休養をとりできるだけ早く専門家に相談しましょう

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

このページのトップへ

良導絡療法・良導絡鍼灸☆彡自律神経が乱れると病気になりやすくなります

投稿日:

自律神経が乱れると病気になりやすくなります

 

「良導絡治療で自律神経は整うのですか」というお問合せをいただきました。

 

自律神経は交感神経と副交感神経のふたつの神経で成り立っています。

この二つの神経は、それぞれ相反する働きを持っています。

 

交感神経は覚醒や緊張、ファイティングの神経で、副交感神経は休息や安らぎのリラックスの神経です。

 

日中は交感神経が優位になって、夜になると副交感神経が優位になり、一日の体を自律神経が支配しています。

 

自律神経は心の在り方にも関係していて、心と体をつなげる神経でもあります。

 

自律神経を動かしている(中枢)は、頭の中の間脳という部分の視床下部を呼ばれる部分にあります。

ここは、人の情動(感情)などをコントロールしているところなので、気持ちの持ちようで左右されます。

自律神経が整うと、心の安定にもつながります。

 

普通は、自律神経と副交感神経が対立してバランスをとっていますが、このバランスが崩れると、精神面や身体面に症状が出てきます。

これらの症状を「自律神経失調症」と呼びます。

 

自律神経失調症には以下のような症状があります。

 

全身症状:疲労(疲れがとれない)、倦怠感、微熱、不眠など

 

精神症状:集中力欠如、イライラ、抑うつ、焦燥感、注意力散漫など

 

身体症状:(自律神経がつながっている部分によって、異なった症状が出ます)

      ①神経・筋肉:肩こり、頭重感、腰痛、背部痛、めまい、手足のしびれ、冷え、ほてりなど

      ②消化器系:胃痛、便秘、下痢、腹部膨満感、食欲不振など

      ③循環器系:胸痛、胸部圧迫感、動悸、息切れなど

 

これらの症状は、病院では原因が不明の「不定愁訴」とされ、抗うつ剤や、抗不安剤、神経調整剤などが処方されますが、自律神経が調整されるわけではありません。

 

また、自律神経失調症と深い関係にあるのが、不妊症と更年期障害です。

 

女性の身体のサイクルは、女性ホルモン(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)で調整されています。

女性ホルモンは、自律神経を支配している視床下部は、ホルモンを出す下垂体を支配しているので

ホルモン分泌の乱れは、自律神経にも大きな影響を与えて、いろいろな不定愁訴が出てきてしまいます。

 

自律神経失調症や不定愁訴を軽んじてしまわれる方が多くいますが、たかが肩こりなどと思っていても

その裏には、自律神経の失調からくる内臓の病気が隠れていることもあるのです。

 

今は病気でなくても、その裏に潜んでいる予兆を知らせるのが、自律神経失調症です。

良導絡療法は、痛みの治療だけでなく自律神経の調整を行うことも得意とするところです。

 

色々な症状で悩まれている方は一度、ご相談下さいませ。

 

※すべての方にあてはまるものではありません。効果の実感には個人差があります。

 

 

このページのトップへ

良導絡鍼灸・自律神経調整療法☆彡自律神経を整える

投稿日:

自律神経を整える

2012/9/12

 

l  気持ちが落ち込む

l  何もする気がしない

l  睡眠障害(不眠・過眠)

l  食欲の減退・増加

l  興味や喜びが感じられない

l  思考力の低下

l  焦燥感

等々

 

 

病院でこのような症状を、訴えると、安定剤や睡眠薬を処方されたりします。

 

このような症状は、自律神経の乱れからきていることが多いのですが、

病院では自律神経の乱れなど原因のわからないものには対処のしようがなく、

簡単に「うつ病」と診断されることがありますが、本当にそうでしょうか?

 

東洋医学はこのような、原因不明の症状の緩和が見込めます。

宇都宮鍼灸良導絡院にもこのような症状を訴える方が多くいらっしゃってます。

 

始めは軽い症状だったのに、「うつ病」と診断されて、自分は「うつ」だと

思い、悩みさらに症状が悪化しているケースもあるそうです。

 

うつ症状になるのには、何か「きっかけ」があります。

その「きっかけ」が解決してもいつまでも気分が回復せずに憂うつ状態が続き、普段通りの生活を送ることができなくなり、憂うつ状態から抜け出せなくなったりするのが「うつ病」です。

 

なぜうつ病になるのかというと、身体が生きていくためにストップをかけている状態なのです。

何事にも頑張りすぎてしまう人が限界を超えてまで身体を使うと、過労死してしまうかもしれません。それを防ぐためにうつ病になるのです。

 

例えば、エアコンと掃除機を使い、さらにドライヤーを使うとブレーカーが落ちます。これは電気の使い過ぎによって漏電や火災が起こらないようにブレーカーが落ちる仕組みになっています。

 

同じように、私たちの身体の中でも「このままではどうにかなってしまうかもしれない、これ以上頑張りすぎないないようにしよう」と脳のブレーカーを落として危険であることを教えてくれているのです。

 

宇都宮鍼灸良導絡院で行っている良導絡は、自律神経の状態を測定し、調整していくものなのでうつ病や自律神経失調症の方には適しています。

 

うつ症状や自律神経失調症でお悩みの方は一度ご連絡ください。

このページのトップへ

不妊★夏に多い朝の顔のむくみ

投稿日:

夏の顔のむくみ

 

最近、相談で多いのが、「顔のむくみ」です。

 

寝るときにクーラーをつけていたり、扇風機を回していたり、窓を開けて寝られる方に多いのが、「朝の顔のむくみ」

 

これは東洋医学でいう「風」が悪さをしています。

 

特に不妊治療をされている方は、水分を摂りすぎないように、冷たいものを摂らないように、冷えないように気をつけておられる方は多いのですが、風が身体にあたるのも防がないといけません。

 

風が直接身体にあたると、身体の表面から風邪(ふうじゃ)が侵入してきて、様々な症状を引き起こします。

 

風は、陽邪と言われ上に昇りやすい性質(風が上半身にあたっていなくても、上に昇ってきます)

があるので、身体の上部に症状が現れることが多く、顔のむくみや頭痛、鼻づまり、咽喉痛などが風による症状です。

 

更には風邪をひいたり、顔や肩、腕の痛みや痺れ、運動神経麻痺などを起こす場合があります。

 

「風は百病の長」と言われ、病気を引き起こす一番の原因になります。

 

それに、風に寒や湿(寒さや湿気)が加わると三邪と言い、更に激しい症状を引き起こします。

三邪とは

行痹:風邪の強いもので痛みがあちこちに動く

痛痹:寒邪の強いもので激しい痛みになる

着痹:湿邪の強い物で痛む箇所が一定して長引きます

 

夏は暑いから少しくらいならと油断していると、積み重なってツライ症状を引き起こしますので、注意してくださいね。

 

このページのトップへ

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-14-9号
ファーブルマルオカ2F

ご予約・お問い合わせ

tel 06-6978-4917

メールでのご予約・お問い合わせ受付はこちら

営業時間
平日10:30~14:00
16:00~21:00
土日祝
10:30~19:00

定休日
木曜

*土・日・祝日も営業しています

併設サロン

漢方オイル経路マッサージ
漢方オイル推掌マッサージ
吸玉(カッピングリンパトリートメント)


PAGETOP